08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

タテジマに魅せられて

ときめいてシ〜ズン!勝とうぜ!阪神タイガース!!折れない心で前進しよう!お楽しみはこれからじゃ〜!!HANSHIN Tigers,It’s my life!!
<< これはもぉ・・・香川ファイブアローズ(バスケの話) | main | オープン戦は最下位 >>
ARCHIVES

PROFILE

LINKS

現在の閲覧者数:

ジオターゲティング
OTHERS

厳しく書けば・・・という試合!香川ファイブアローズ(バスケの話)
 広島に連敗。重くのしかかる結果となりました。

 しかも後半に入り、チームのシューターである近選手がケガで退場。重い空気の試合となりました。

 終わってみれば4点差。最後に決まったレジーの3ポイントはほぼノーディフェンスだったのですが、終わってみれば繰り返しますが4点差。意味のある4点差でした。

 連敗を脱したとはいえ広島戦を終えてからの対戦相手はどこもタフなところです。大型連敗に再突入してもおかしくありません。

 この試合、3QTまでは粘っていました。しかしその糸が切れたのは4QT序盤。チームキャプテンである大澤選手が犯してしまった2つのターンオーバーからでした。

 スローインで狙いを定めることができず、そこから1分経過したかしないかのときに再び相手選手にパスするかのようなミスをしてしまいここで相手に走られてしまいます。このプレー以降、常に追う展開となってしまい、広島にプレッシャーを与えることができないままになってしまいました。

 こちらはモンテを欠く布陣なので外国籍選手は2人だけ。とくにチームの得点源であるレジーのプレイタイムが多くなってきています。なので、他の日本人選手の奮起が望まれたのですが、どうもエンジンのかかりが遅い。試合後のスコアでは日本人選手も点を挙げているように見えても試合中はレジー頼みとなってしまう姿が見られました。

 気になるのは大澤選手です。どうも背負い込みすぎです。そしてイップスになっているんじゃないか?というくらい、迷いを感じます。キャプテンという重責を背負いながらの日々は楽ではないと思いますが、それを言い訳にできないのも事実。一度、遠征帯同から外すという荒療治もアリなのでは?と思ってしまいました。

 3連敗。8連敗を脱した直後からです。さすがにリーグ最下位は遠いとはいえ内容的に良い終わり方をしていません。

 まずは勝利を。と書くのは簡単なのですが・・・。



| バスケの話(ファイブアローズと76ers) | 18:40 | - | - |