05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

タテジマに魅せられて

ときめいてシ〜ズン!勝とうぜ!阪神タイガース!!折れない心で前進しよう!お楽しみはこれからじゃ〜!!HANSHIN Tigers,It’s my life!!
<< 普通にやったら勝てたのに 香川ファイブアローズ(バスケの話) | main | 他球団の話もありつつ >>
ARCHIVES

PROFILE

LINKS

現在の閲覧者数:

ジオターゲティング
OTHERS

昨日同様・・・香川ファイブアローズ(バスケの話)
 昨日厳しいことを書いたのですが、今日も大変厳しい評価にせざるを得ないような試合でした。

 個々の頑張りは一部の選手にみられ、高田選手、タクローは何度もチームを救うプレーを見せ、ケイタローも頑張ってくれました。

 ただ、レジーのシュート確率が前半上がらず、試合を通じて低調なシュート確率でした。

 ベンチワークとしてはPGをケイタロー中心に切り替えたように見えたのですが、やはり今シーズンの起用でPG経験不足もあったのか、苦労が見えました。

 若い選手が多いので勢いに乗れば・・・というところですが、その若い選手である石川、大澤という2人のPGが弱気にも見えるプレーでミスを見せてしまいます。特にキャプテンである大澤選手にはチームを鼓舞してほしかったのですが、ボールを持ちながら足を止めてしまうなど、どうにも迷いのようなものが見えました。

 ベンチワークの謎としては、クウソーの使い方です。

 レジーが前半というか昨日同様、マクヘンリーのマークに若干苦労する姿を見せました。あくまでも若干ですけどね。ただ、そのマクヘンリーがマッチアップを嫌がっていたのがクウソーでした。なんていうか、オン1の時間帯でインサイドをガッチリ固められてやり辛そうに見えたんですよね。

 モンテも後半に出番を得ますが、インサイドにアタックしきれず苦しみます。ここでアウトサイドシュートが打てるようだと違うのですが・・・というのは昨日同様です。

 そして昨日同様といえば、パスミス、キャッチミス。本当にバイウィークで何やってたんだ?といいたくなるようなシーンが何度もありました。それだけではなく、インサイドにアタックできず弱気なシュートを外から打ったり、24秒バイオレーションを繰り返し取られたり。同じようなミスを何度もやっていては、バスケの神様がいても勝たしてはくれません。

 特に24秒バイオレーションについては、今シーズンの弱点であるPGのゲームメイクを象徴するかのようなミスでした。

 福島、秋田と東地区の強豪に連敗。でも信州は中地区で下位にいるチーム。まさか勝てると思っていたわけではないのでしょうけど、この内容ではどこにも勝てません。

 ここまで健闘してきたチームですが、まだまだ甘く弱いところがある。それを肝に銘じて次節の東京Z戦に臨んでほしいと思います。
| バスケの話(ファイブアローズと76ers) | 17:53 | - | - |