01
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

タテジマに魅せられて

ときめいてシ〜ズン!勝とうぜ!阪神タイガース!!折れない心で前進しよう!お楽しみはこれからじゃ〜!!HANSHIN Tigers,It’s my life!!
<< 坂本、最有力候補 | main | 他球団の育成の話 >>
ARCHIVES

PROFILE

LINKS

現在の閲覧者数:

ジオターゲティング
OTHERS

これが感動というものだ!香川ファイブアローズ(バスケの話)
 水曜日ですが試合がある週となった今週、ファイブアローズは熊本に遠征。西地区上位のヴォルターズを対戦しました。

 昨シーズンはレジーが所属し、B2プレイオフまであと一歩という健闘を見せたチームです。当然、今季も強豪、苦戦が予想される試合となりました。

 しかし予想とは裏腹に、序盤からファイブアローズが飛ばします。1QTは同点で終えましたが2QTでリードを奪いハーフタイムへ。苦手としている3QTで逆転を許しますが、前半のリードがあったおかげで2点のビハインドで済みます。もちろん、ビハインドにならないようにすることのほうが大切なのは言うまでもないのですが。

 迎えた4QT、香川の運動量が落ちません。アウェイで移動が続くのですが、この試合は連戦ではないので1試合に賭けることができたのも勝因かもしれません。

 そうはいっても大澤選手のプレイタイムが38分越えですか?これは相当疲れているはず。しっかりケアしてケガの無いようにしてほしいです。

 話が前後しますが、3QTに点差を詰められた点は反省点です。早いパス回しでフリーを作られて失点。若い選手の豊富な運動量で相手にプレッシャーをかけることに成功はしているのですが、空いた選手を作ってしまったのは改善しなければなりません。

 これを上手くやっていたのが4QTのモンテ。ウッドベリーに対して結果的にフリーにしてしまったこともありましたが、しっかりチェックしていたと思います。

 タクローのリバウンドも効果的に決まり、ケイタローも動き回る中、4QTのモンテの動きが素晴らしかったですね。

 ここにきて思うのはモンテの1歩の大きさです。走る時も歩幅という表現でいいのか分かりませんが、1歩が大きいので、レイアップにしてもダンクにしても相手にしてみればシュートモーションへのファウルを取られやすくなってしまいます。

 モンテの跳躍力からすれば、リングに遠いところから踏み込めるわけで、これは本当に大きな武器ですね。

 最後の方に粘りを見せたのは流石ヴォルターズ。強いチーム相手には何点リードしても不安なものですし、本当に勝ったと思えたのはラスト30秒を切ってからでした。

 正直、ヴォルターズ相手に戦うのは厳しいと思っていました。特に前節の茨城ロボッツとの対戦内容を見れば不安でした。でも、このまま終わらないという気迫、選手の攻め気には感動を覚えました。

 凄い試合だったと思います。そして本当に勝ってほしいと粘った試合でもあります。このまま負け続けたらここ数年と同じです。でもそうならないために戦っていくのです。

 次節は中地区の強豪、群馬クレインサンダースと対戦します。これもまた厳しい相手です。移動も含めて中2日での対戦が楽なはずはありません。

 でも今日の勝利は疲れを吹き飛ばしたはず。きっとしっかり戦って、勝利を収めて帰ってきてくれるはずです。応援しましょう!!


| バスケの話(ファイブアローズと76ers) | 22:12 | - | - |