11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

タテジマに魅せられて

ときめいてシ〜ズン!勝とうぜ!阪神タイガース!!折れない心で前進しよう!お楽しみはこれからじゃ〜!!HANSHIN Tigers,It’s my life!!
<< 厳しいことを書く試合!香川ファイブアローズ(バスケの話) | main | チャンスを・・・ >>
ARCHIVES

PROFILE

LINKS

現在の閲覧者数:

ジオターゲティング
OTHERS

光る石川!香川ファイブアローズ(バスケの話)
 この試合、チームで最多出場時間となるのが石川選手だったとは、戦前に予想した人はいなかったと思います。

 今年の香川、本当にPGの層が薄く苦労の連続です。この試合、得点だけ見れば福岡のOG登録の選手は3人で30点を超える得点。特にスリーはかなりの高確率で決めているのですが、香川のPGは得点が少ないという結果に。ゲームをコントロールするだけでなく、効果的な得点もしっかり決めることができるという点ではPGで負けたと言われても仕方ない結果となってしまいました。

 石川選手の良さは球離れの早さだと思います。自分でボールを保持し続ける自信がまだないのかもしれませんが、結果的にそれがボールを回すことになっています。長い時間持って相手に囲まれてTOになるより余程良いです。

 まだまだオフェンスでは動きに躊躇いを見せるときもありますし、ディフェンスでも周りを気にしすぎてマッチアップしている相手を逃してしまう場面も見られます。目がキョロキョロしすぎているというか。でもPGというポジションで獲得したわけですから、長身PGとしてシーズンが進むにつれて、PGとしてのスターターに定着してくれれば嬉しい限りです。

 この試合、敗因は大きなものとしては2つありました。1つ目は前半のTOの差です。あまりにも違いすぎたような気がしています。

 2つ目はスリー。全く決まりませんでした。それ以外にも決まらなかったですね。

 今年の香川はディフェンシブなチームを目指しているのですが、この2試合で福岡に香川が目指すべき姿を見せられたような気がしました。

 大差で負けてしまったのですが、それでも今よりも良くなる兆しを感じたことまで否定する必要はありません。クウソーが今日のようにチームにフィットした動きを見せ、レジーの負担も減り、4QTのように2人同時出場の時間もできるかもしれません。そうなるとうちのインサイドは強力ですね。

 クウソーの真面目で基本に忠実なプレーと、レジーの自在なプレーにモンテのスピードが噛み合えば・・・・・楽しみは尽きません。

 ただ、そのためには日本人選手の奮起がもっと必要です。そのカギを握るかもしれないのは石川選手かも。体格的に近い筑波選手が欠場中である今、彼には是非チャンスを活かし切ってほしいです。



| バスケの話(ファイブアローズと76ers) | 22:09 | - | - |