11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

タテジマに魅せられて

ときめいてシ〜ズン!勝とうぜ!阪神タイガース!!折れない心で前進しよう!お楽しみはこれからじゃ〜!!HANSHIN Tigers,It’s my life!!
<< 未完の大器 | main | PG不在?!香川ファイブアローズ(バスケの話) >>
ARCHIVES

PROFILE

LINKS

現在の閲覧者数:

ジオターゲティング
OTHERS

相手の勝ちパターン!香川ファイブアローズ(バスケの話)
人気ブログランキングへ



 四国ダービーといいながら昨シーズンは負け越した対戦成績。それも互角というよりは相手のリードで。

 愛媛オレンジバイキングスは、前身のヒートデビルズ時代からオフェンスパターンを固定すると言わないまでもある程度同じ形で来ているチーム。それは高い得点能力を持つ日本人選手を中心とした外からのシュートで戦ってくるチームということです。

 昨シーズンファイブアローズに在籍したシェイが再加入して迎えたシーズン。オフェンスの中心である俊野兄弟がこの試合もガンガン得点に絡んできます。

 外国籍選手のうち、これも昨シーズン香川に在籍したニカが出場せず、外国籍選手の人数的には優位だったはずですが、日本人選手の得点で大差をつけられて敗戦となりました。

 特に前半は相手のスリーが決まりすぎるくらい決まる展開。1試合を通じてあそこまで入る試合もそうそうないと思うのですが、それも愛媛のパス回しにこちらが翻弄されてフリーの選手を作り出してしまったから。

 3QTは取り戻すのですが、外からのシュートを警戒するため広くなった香川のゾーンディフェンスを縫うようにインサイドにアタックする愛媛。そこに対応しようとすると愛媛の外のシュートという良いに、愛媛のゲームプランどおりの試合となってしまいました。

 この試合のスタッツを見れば、リバウンドで圧倒しているもののターンオーバーは香川が22と、あまりにも多すぎる数字。アシストでも大差をつけられており、相手がどれだけボールを回しているかがわかる結果となってしまいました。

 カギとなる選手を固定していて、そこを中心に得点させるというある意味では予想しやすいオフェンスの愛媛ですが、そのパターンで十分勝負できるというのも凄いことで、そこにしっかりチェックしきれなかった香川は負けるべくして負けたのかもしれません。

 ただ、繰り返しますがターンオーバー。しなくても良いミスをしすぎました。

 流れは自分で持ってくるもの。明日は流れをしっかりつかんで離さない試合にしましょう!




人気ブログランキングへ
| バスケの話(ファイブアローズと76ers) | 21:43 | - | - |