12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

タテジマに魅せられて

ときめいてシ〜ズン!勝とうぜ!阪神タイガース!!折れない心で前進しよう!お楽しみはこれからじゃ〜!!HANSHIN Tigers,It’s my life!!
<< 惜しい試合か? | main | 狩野選手も?! >>
ARCHIVES

PROFILE

LINKS

現在の閲覧者数:

ジオターゲティング
OTHERS

安藤投手引退
人気ブログランキングへ


 引退する投手に「まだできる。」という言葉を使うことが多いと思うのだが、安藤投手にも本当にその言葉を使いたい。

 昨シーズンまで年間50試合登板を果たしており、その投手が今シーズンは1軍登板なしということに違和感を持ったりするのだが、本人のコメントを見ると体力の衰えというのもあり、自身が納得しているのであればファンとしては受け入れるしかないというのが正直なところかも。

 安藤投手もそうだけど、入団から引退までタイガース一筋の選手を応援できたことは本当に光栄なこと。

 特になぜか安藤投手には思い出というか印象に残る場面があって、ルーキーイヤーにスワローズ戦で登板した試合を甲子園の1アルで観戦したときに、当時はスワローズにいたペタジーニを警戒しすぎてそこから崩れてしまった試合。

 2003年にはジェフが相手打線に捕らえられた試合でいつもとは逆の登板順で投げてチームの勝利に貢献した試合をライトで観戦。

 何年だったか忘れたけど、「この試合も負けたらナゴヤドームで今シーズン1つも勝てずに終わる。」くらいの試合で先発登板して1−0という僅差の勝利に貢献した試合。(テレビ観戦)

 ゆっくり思い出せばもっとあるんだろうけど、安藤投手は俺にとって本当に思い入れがある選手。今シーズン、ずっと気になっていて、1軍昇格を待ちわびていたし、ここまで1軍にこないと「もしかして・・・」という覚悟もあったけど、それでも待っていればいつかは・・・という中で、昇格は若い投手が多くなり。

 今後は未定らしいけど、内外のコントロール、先発もリリーフも経験した実績を少しでも後に続く選手にも伝えてほしい。来年からすぐじゃなくても伝えてほしい。何らかの形で球団に貢献する立場でいてくれたら・・・・・と思う。

 安藤投手、ありがとうございました。







人気ブログランキングへ


コメント欄は時間によってご利用いただけることがあります。


コメント欄や投稿者名にショッピングサイトなどへのリンクが貼られていた場合などは削除することがあります。ご承知おきください。

なお、当面の間、サイドバーのコメント表示を非表示にしてあります。

| タテジマに想いを | 23:44 | - | - |