11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

タテジマに魅せられて

ときめいてシ〜ズン!勝とうぜ!阪神タイガース!!折れない心で前進しよう!お楽しみはこれからじゃ〜!!HANSHIN Tigers,It’s my life!!
<< 長い試合の終わりには | main | Bリーグ開幕が少しずつ(バスケの話) >>
ARCHIVES

PROFILE

LINKS

現在の閲覧者数:

ジオターゲティング
OTHERS

浜風ではない甲子園
人気ブログランキングへ



 季節が秋になってくると、日中は暑くても甲子園で吹く風の向きが替わる。この3連戦、時には浜風も吹いたが、打者からすれば追い風が吹いていた時間帯も長かったし、無風という場面もあった。

 こうなると打球の勢いが変わってくる。入ったと思われた打球が失速。今までだったら切れていたり届かなかった打球が届くなんてことも多く観られるようになる。

 終盤に桑原投手が打たれた柴田選手の一発は、おそらく浜風が吹いていても届いているだろう一発。外野と内野の間は独特の風の流れというかそういうものがあり、そこに乗った打球は思いのほか伸びる。そのスポットにはまった柴田選手の打球だった。

 前日の投手戦から一転して点の取り合い。終盤にきてベイスターズの攻撃が前日ほぼ完ぺきだったタイガース中継ぎ陣を崩していく。

 その中で光ったのは高橋投手。榎田投手が作ったピンチをしっかり抑えきった。

 審判に関しては両チームともストレスを感じたであろう試合。そのなかで森越選手は良くバットを止めたし、最後の隼太選手も打った瞬間、上手く風に乗せてサヨナラヒットにした。

 ファームで練習を重ね、代打の切り札的な起用法をされるようになった隼太選手。できればこの日スタメン5番だった陽川選手も続いてほしかったが、どうも思い切った打席になったかといえばそうでもないように見えた。3三振に内野フライ。さて、次は?

 カープに3タテされて、ベイスターズには3タテした。星勘定では5分。優勝は厳しいとしか言いようがないけど、強いところを少しでも見せておけた3連戦だった。






人気ブログランキングへ


コメント欄は時間によってご利用いただけることがあります。


コメント欄や投稿者名にショッピングサイトなどへのリンクが貼られていた場合などは削除することがあります。ご承知おきください。

なお、当面の間、サイドバーのコメント表示を非表示にしてあります。


| タテジマに想いを | 23:43 | - | - |