08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

タテジマに魅せられて

ときめいてシ〜ズン!勝とうぜ!阪神タイガース!!折れない心で前進しよう!お楽しみはこれからじゃ〜!!HANSHIN Tigers,It’s my life!!
<< 相手を助けてどうする? | main | 調子上下 >>
ARCHIVES

PROFILE

LINKS

現在の閲覧者数:

ジオターゲティング
OTHERS

9回むちゃくちゃからの勝利投手ドリス
人気ブログランキングへ



 解説の岡田さんがボヤキまくるように、9回は無茶苦茶に見えた。

 なんでベンチがマウンドに行かないんだろ?行くタイミングを逃しているうちに本当に行かなかった。ぶっちゃけ、マギーが打ちたがってアウトになってくれたから良いものの、あれを敢えて見逃されたら結構な確率できつかったんじゃないかと思う。

 糸原選手がプロ入り初ホームラン、そのままお立ち台に・・・・・と思っていたのだが、そうは簡単に行かなかった。

 全幅の信頼をおいてドリス投手をマウンドに上げていることは間違いない。でも今日は投げさせ方が悪いわ。1点差になった場面でもマウンドに行かないとか。これはベンチのミスでこういった試合になってしまったと言っておきたい。

 確かに岩貞投手も5回で降板するような投球では物足りない。味方が点を取ってくれた直後に失点するようではいけないのだ。こうしたことは試合をもつれさせる。立ち上がりと味方の得点直後は本当に細心の注意で投げてほしいのだが。

 3点リードを追いつかれて、こっちは勝ちパターンの投手を出し切ってしまって、延長に入るという展開。しかもスルスルと2アウト。でもここから踏ん張ったのが中谷、荒木、糸原という2人の若手と1人のベンチスタートが主な選手たち。中谷選手がヒットを打って、荒木選手が冷静に選んでこの日大当たりの糸原選手に。

 ここで注目したのは糸原選手のスイング。初球の高めのストレートを思い切りスイング。緊張しないわけがないのに、それを振り切るかのように、自らのバットを思い切り振り切った。

 打った1球も思い切り振り切った打球。センターのほぼ真正面。前進守備の頭を超えていく打球が転がっていった。高めをたたいた分だけ大きく伸びていった打球となった。

 この試合、本当に流れがわからない試合だった。走塁ミスもあって、これで何点か損していたかもしれない。でもそのあとにタイムリーが出たりしてなんとか踏ん張れた試合でもある。

 ぶっちゃけ、9回表に投手コーチがマウンドに行かなかったこと、行かせなかったことはベンチのミスだと思う。でもこうしたミスは年に何回かある。そしてベンチのミスを選手が取り返すことも十分にありうる。

 勝利投手がドリス投手になることには、アレ?と思わないでもないけど、ここまで頑張ってくれたドリス投手が3失点する試合でもサヨナラ勝ちできたんだから、きっとまだ今年は面白くしてくれると思う。

 甲子園で巨人に3タテされずに良かったというよりも、こういう試合をモノにできて良かった。今夜に関してはそれに尽きると思うのだ。



人気ブログランキングへ


コメント欄は時間によってご利用いただけることがあります。


コメント欄や投稿者名にショッピングサイトなどへのリンクが貼られていた場合などは削除することがあります。ご承知おきください。

なお、当面の間、サイドバーのコメント表示を非表示にしてあります。

| タテジマに想いを | 22:03 | - | - |