11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

タテジマに魅せられて

ときめいてシ〜ズン!勝とうぜ!阪神タイガース!!折れない心で前進しよう!お楽しみはこれからじゃ〜!!HANSHIN Tigers,It’s my life!!
<< 荒れ荒れ | main | 大逆転で順位も逆転 >>
ARCHIVES

PROFILE

LINKS

現在の閲覧者数:

ジオターゲティング
OTHERS

糸原大貢献
 甲子園で今季初観戦。いやぁ、面白かった。

 序盤はカープに押され気味。赤く染まったレフトスタンドの声援は、1アルに座っていると真正面から聞こえてくるので大迫力。

 この試合、序盤からカープ先発の加藤投手に抑えられるのだが、この加藤投手のコントロールが定まらない。抑えているんだけど、ボール球が大きくそれるという場面も結構あった。

 4点のビハインド。そして追い上げ体制に入った場面で貢献したのは、タイムリーを打った梅野選手だけではなく、多くの選手の貢献があった。

 このうちの1人、糸原選手に大注目。

 というのは、ランナーを2塁において鳥谷選手に送りバントの指示が出た。でも鳥谷選手は2球失敗し、ヒッティングに切り替わるのだが、ここで見事に四球を選んでランナー1,2塁のチャンス。ここで打席の糸原選手がバントシフトを敷いてきているカープ相手に見事送りバントを成功させた。 

 1塁ランナーを2塁に送るだけでなく、難しいと思われる2塁ランナーを3塁にしっかり進ませるバント。このバントで内外野が前進守備を敷くこととなったカープ野手陣の間を次の打者の梅野選手の打球が抜けていった。

 このバントで1アウト2,3塁のチャンス。1点ビハインドでありながら少なくとも同点は十分予感できたシーンとなった。

 結果、このイニングで逆転。チームが勝利するのだが、ここで見せた糸原選手の送りバンドの大きさは、確かに地味かもしれないが勝利に向けた大きなワンプレーとなった。

 大事な3連戦の初戦に勝利を呼び込んだ大きなプレー。こういうことができるチームは強くなると思う。ほかの選手も送りバントはきっちりとね。


| タテジマに想いを | 20:55 | - | - |