03
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

タテジマに魅せられて

ときめいてシ〜ズン!勝とうぜ!阪神タイガース!!折れない心で前進しよう!お楽しみはこれからじゃ〜!!HANSHIN Tigers,It’s my life!!
<< 闘志溌剌!香川ファイブアローズ(バスケの話) | main | 面白くなってきました >>
ARCHIVES

PROFILE

LINKS

現在の閲覧者数:

ジオターゲティング
OTHERS

この試合の意味(香川ファイブアローズ(バスケの話))
 結果から言えば惨敗。これほどの試合を1,500人を超えるお客様の前で見せてしまったことはとても良くないことでした。

 勝負事ですので勝ち負けはあります。でも最後までファイティングポーズを取ることはできたでしょうか?それもHCが一番最初にギブアップしてなかったでしょうか?私には3QT途中でギブアップしたように見えました。多くのお客様の前で見せる試合ではありませんでした。

 昨日の試合でHCは、ゲームプランは変えないと語っていたようですが、相手は当然ゲームプランを変えてくる。それを予測したうえでのコメントでしょうか?

 この日は昨日有効だったインサイドへのアタックを徹底して止められました。そうなるとサイズで不利なアローズはアウトサイドに頼りがちとなります。でもそのアウトサイドの確率が上がりません。これでは苦しい。

 反対にエクセレンスはサイズ的に有利な状況を活かして攻めてきます。これに対応するのは至難の業でした。またアウトサイドも入るんですよ。完全に前半で試合の主導権を握られ、そのまま奪うことはできませんでした。

 勝機としては2QT途中で5点差まで迫ったのですが、そこから詰めることができず試合の流れを手放します。そしてそれは・・・。

 この試合、ADが頑張りました。リバウンドもそうですが、フリースローもかなり改善されていました。インサイドでファウルを貰ってフリースロー。これはとても重要な得点源となります。

 ただやはり、3QT途中から普段はベンチメンバーとなっている選手を起用して交代もほとんどせず。4QT残り3分を切ったところで外国籍選手を全員下げて日本人選手のみ。対するエクセレンスは最後まで外国籍選手を下げず。絶望的な点差であっても、最後の最後まで戦う姿勢を見せ続けてほしかったです。

 HCはまさに指揮官です。その指揮官がしっかり指揮を執ってチームがハーモニーを奏でるようにしなければいけません。でも今日はその指揮を放棄したかのような試合でした。

 この週末、このお客様が来てくれた意味を考えたらこの采配を受け入れることはできません。選手の能力を最大限引き出す指揮を求めたいと思いました。
| バスケの話(ファイブアローズと76ers) | 21:38 | - | - |