04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

タテジマに魅せられて

ときめいてシ〜ズン!勝とうぜ!阪神タイガース!!折れない心で前進しよう!お楽しみはこれからじゃ〜!!HANSHIN Tigers,It’s my life!!
<< 謎采配!香川ファイブアローズ(バスケの話) | main | センターライン固め >>
ARCHIVES

PROFILE

LINKS

現在の閲覧者数:

ジオターゲティング
OTHERS

熱戦制す!香川ファイブアローズ(バスケの話)
 3QTまでは徐々に差を広げられる展開に。この試合、なんとか勝負を離さずにここまでこれたのは山形のファウルの多さであり、フリースローの確率の低さに助けられたことなのかもしれません。

 試合が終わってみても山形のFT%は30%を切っており、片や香川は60%台といいながらも30本を放っているわけで、お互いにフリースローをしっかり決めていれば勝てたかも、もっと楽に試合を進められたかも・・・という試合だったのではないでしょうか?

 リバウンド数は両チームとも同じでしたが、ゴール下でADが圧倒的な姿を見せ、相手のセカンドチャンスを絶ってくれました。14リバウンドは本当に大きく、この調子で次節も戦ってほしいです。

 プレイタイムが伸びていたシェイも前半で休ませながら使うなどのおかげで終盤に力を発揮。インサイド、アウトサイドの得点源として山形の前に立ちふさがりました。

 山形も3QTまでリードを保ちながら、どうしてもファウルが多くなってしまい、各QTでチームファウルが香川よりも早く溜まってしまう展開となり、外国籍選手も同様にファウルが多くなるなど、思い切ったプレーにどうしても歯止めを自らかけてしまう部分があったのかもしれません。

 ロースコアでの展開は山形ペースだったかも。ペースを握られながらも試合は勝つ。粘り勝ちなのかもしれませんね。

 朗報といえば、全治3週間といわれていたニカちゃんがプレーに復帰したことです。トラベリングを2回かな?笛を吹かれていましたが、インサイドの選手の早めの復帰は助かりますね。故障再発とならないよう、十分配慮してあげてほしいところです。

 欲を言えば・・・というよりも改善しなければならないのは3ポイント。今日は8%という確率。これも改善しないと上位チームに向かっていけません。

 苦しいアウェイで東地区で好調な山形に勝ったことは大きなことですが、改善点をしっかり修正して、次節の東京EX戦に臨んでほしいです。



| バスケの話(ファイブアローズと76ers) | 17:10 | - | - |