07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

タテジマに魅せられて

ときめいてシ〜ズン!勝とうぜ!阪神タイガース!!折れない心で前進しよう!お楽しみはこれからじゃ〜!!HANSHIN Tigers,It’s my life!!
<< ユーティリティ | main | 感謝をする日とライバルと >>
ARCHIVES

PROFILE

LINKS

現在の閲覧者数:

ジオターゲティング
OTHERS

スーパーフライは飛び続ける
 プロレスラーのジミー・スヌーカ選手がお亡くなりになった。

 子供のころ、週1回テレビ中継が新日本と全日本で1時間ずつあったころ、年に数回来日する外国人選手のなかで空中殺法!を楽しみにさせてくれた名選手。

 今でも新日本の外道選手をはじめ、“スーパーフライ”をやる選手が数人いると思うのだが、間違いなく元祖といえるスーパーフライがジミー・スヌーカ選手だった。

 晩年は太めになってしまったが、全盛期は凄い筋肉で魅了してくれた。中でも、相手をロープに振って前と後ろで1回ずつリーブ・フロック?っていうのか?アレを決めてチョップを入れる。そしてポーズ。これが何ともかっこよかった。

 フィニッシュホールドはコーナー最上段からのダイビング・ボディープレス。ヘビー級の重量感たっぷりの魅せる技だった。今だったら棚橋選手のハイフライフローが位置づけ的には近いのかもしれないけど、スヌーカ選手のは彼にとって唯一無二ともいえるほどの技だった。 

 ブロディ選手とも名タッグを組んでおり、名場面、名勝負も見せてくれた名選手である。

 今でも脳裏に焼き付いて離れないスーパーフライ。コーナーポスト最上段に立ち、両手を広げて見栄を切って舞い降りる一撃は絶対に忘れない。

 どうか安らかに。ご冥福をお祈り申し上げます。

| ドキドキ☆ミソジーズ w(><)w | 21:43 | - | - |