08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

タテジマに魅せられて

ときめいてシ〜ズン!勝とうぜ!阪神タイガース!!折れない心で前進しよう!お楽しみはこれからじゃ〜!!HANSHIN Tigers,It’s my life!!
<< 戦術ミスで負け!香川ファイブアローズ(バスケの話) | main | 調査予定 >>
ARCHIVES

PROFILE

LINKS

現在の閲覧者数:

ジオターゲティング
OTHERS

やりかえしたった!香川ファイブアローズ(バスケの話)
 昨日の敗戦を受けて今日はしっかり立て直しができているかどうか?に注目したこの試合。1QTは点も取りに行くけど取られる展開。ちょっと難しい展開かな?と思いました。

 昨日同様、ファイブアローズは外のシュートを積極的に狙います。1QTは外国籍選手がシェイになるため、インサイドでサイズ的に不利になることを外角のシュートでカバーします。

 特に前半は堀田選手が3本のスリーを決めるなど、効果的に放つシーンが多く、終わっていれば40本を超えるスリーをチームとして放っているはずです。(成功率は14/41くらいでしょうか?)

 気になったのは2QT。ここで大きく点差を離しているのですが、入りの場面でもスリーを多投します。でもインサイドにニカちゃんとADの2人がいるんですから、もう少し中の2人にボールを入れるとか、そういったオフェンスをしても良かったのかな?と思います。どうしてもスリーに偏るとFG%は落ち気味になりますからね。

 この2試合は日本人選手が活躍した試合でもあります。ちょっと今日は強引に行く場面が多かった気がする徳永キャプテンですが、いつものように闘志を前面に出していましたし、昨日活躍できなかったテツが今日はチーム最多得点、高田選手のFGは6/9という高確率です。

 昨日は溝口選手と近ちゃん、今日は他の日本人選手という、日替わりで日本人選手が活躍することに加え、シェイは安定のダブルダブル、ニカちゃんもあと少しでダブルダブルでした。

 良いところが多く出た試合でもありましたが、相手のゾーンディフェンスに苦労したり、4QTオフィシャルタイムアウト明けに日本人選手だけで戦う時間帯などはスモールラインナップにより苦労する場面も見られました。ファイブアローズは奇数QTにスモールラインナップで戦う時間も多くなりがちなので、こういう場面を改善する必要があるのかもしれません。

 次節は茨城ロボッツ。昨シーズンまでチームのキャプテンを務めてくれていた米沢翼選手がいるチームです。東地区で12勝14敗というのは、前節対戦した青森ワッツと同じ戦績です。現時点では負け越しているチームですが弱いチームではありません。むしろNBA経験もあるリカートもいますし、現時点の香川ファイブアローズよりも強いという認識でも良いと思います。

 では勝てないのか?それは違います。勝つための方法があるはずです。それをしっかりスカウティングして戦ってほしい。リカートとマッチアップする外国籍選手にはハードワークが求められます。そしてそこをしっかり日本人選手たちがサポートし、コートもベンチも一丸となったゲームで、1つ1つをしっかりと丁寧に勝ちに行きましょう!!

| バスケの話(ファイブアローズと76ers) | 16:22 | - | - |