08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

タテジマに魅せられて

ときめいてシ〜ズン!勝とうぜ!阪神タイガース!!折れない心で前進しよう!お楽しみはこれからじゃ〜!!HANSHIN Tigers,It’s my life!!
<< ラスト2分の約束事!香川ファイブアローズ(バスケの話) | main | 頑張れ江越! >>
ARCHIVES

PROFILE

LINKS

現在の閲覧者数:

ジオターゲティング
OTHERS

テツ&近TIME!香川ファイブアローズ(バスケの話)
 昨日と違って序盤から流れをつかむファイブアローズ。特にこの試合は近選手とテツ(前村)選手のスリーが決まります。

 1QT開始5分でリード奪い、ここで選手を入れ替えます。でもこれが1QTで流れを手放すことに。HCは流れが読めんのか?と思えました。

 この窮地を救ったのは近選手とテツ選手です。とにかく打つ!放つ!!打てば全部入るんじゃないか?というくらいの流れで前半を僅差で終えます。

 後半に入ると勢いはさらに加速します。特にテツ選手が怖いものなしという感じでシュートを決めます。それは終盤に入っても変わりません。 

 前節までリーグの個人スタッツで得点ランキング首位であるシェイだけに頼ることなく近選手とテツ選手が躍動します。こうなると面白くなります。

 坂井選手が昨日の試合で捻挫、大澤選手が目の部分を負傷ということで、PGが不足している展開となりますが、ここをシェイがボール運びをすることで何とか乗り切ろうとします。計算外だったのは溝口選手がフリースローの1点どまりだったこと。彼のシュートはチームの勝利に不可欠です。

 ディフェンス面では昨日同様、相手の走るバスケをしっかり止められない場面が続いてしまったり、慌ただしいシーンで相手にお付き合いしてしまったり、改善すべき点は多くありました。HCが掲げるディフェンシブなことを基本とするバスケがどこまで徹底できているのか?は現時点でなお未知数です。

 それでも今日はテツ&近TIME!!2人で40点近くをスコアしたことは今後のオフェンスオプションに大きな影響を与えるはずです。このプラスを是非活かしつつ、今後の試合を戦っていってほしいと思います。

 なお、試合は昨日同様、最後の2分を切ったところで相手に勝負を決められ、負けてしまいました。


| バスケの話(ファイブアローズと76ers) | 17:31 | - | - |