12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

タテジマに魅せられて

ときめいてシ〜ズン!勝とうぜ!阪神タイガース!!折れない心で前進しよう!お楽しみはこれからじゃ〜!!HANSHIN Tigers,It’s my life!!
<< ミスさえなければ | main | 功績の大きさ >>
ARCHIVES

PROFILE

LINKS

現在の閲覧者数:

ジオターゲティング
OTHERS

8回の男
人気ブログランキングへ


 岩崎投手のリリーフ登板時における好投を受けて、来季はセットアッパーへの転向が濃厚などと書かれている。

 本人の先発への意欲がどこまでなのか?もあるけど、チーム事情を考えればそこに固執するわけにもさせるわけにも行かないと思うのだが、中継ぎも先発並みに評価するという前提が無いとなかなか・・・・・かと。

 でも、セットアッパーで活躍して今季で引退する福原投手の例を見ても、評価を高めることもできるので、もしやるとなったら本当に頑張ってほしい。

 岩崎投手に中継ぎが務まるかどうか?ということについて、俺は充分できると思っている。

 高めに力のあるボールを投げ込むことが出来るという部分が強調されるが、岩崎投手の良いところは、何度でも粘り強く低めに投げることが出来るということ。高めのストレートもいいけど、それを活かすために低めに投げ続けることが出来ることはとても重要。先発では球速で勝負するタイプではなかっただけに、低めへの意識の高さは特筆ものである。

 中継ぎであろうと低めに投げることが必要なのは当然。そういう点では岩崎投手は先発で勝ち星に恵まれなかったけど、中継ぎでも充分やっていけると思うのだ。

 あとはメンタルでどうかっていう。中継ぎをやっていれば先発の勝ちを消してしまいこともあるかもしれない。それでも一晩で切り替えて投げることができるか?この辺を安藤投手や球児投手とかから学んでいくんだと思う。

 中継ぎ登板で学んだことが、次に先発に再転向することあったとしたらきっと役立つ。来季、先発で投げるにしても中継ぎでいくにしても、低めに粘り強く投げることが出来るという長所だけは忘れずに、失わずにいてほしいと願っている。



人気ブログランキングへ


コメント欄は時間によってご利用いただけることがあります。


コメント欄や投稿者名にショッピングサイトなどへのリンクが貼られていた場合などは削除することがあります。ご承知おきください。

なお、当面の間、サイドバーのコメント表示を非表示にしてあります。
| タテジマに想いを | 20:42 | - | - |