08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

タテジマに魅せられて

ときめいてシ〜ズン!勝とうぜ!阪神タイガース!!折れない心で前進しよう!お楽しみはこれからじゃ〜!!HANSHIN Tigers,It’s my life!!
<< 福原さんが引退 | main | 惜しかったけど・・・香川ファイブアローズ(バスケの話) >>
ARCHIVES

PROFILE

LINKS

現在の閲覧者数:

ジオターゲティング
OTHERS

辛口に書く!香川ファイブアローズ(バスケの話)
 B2開幕!相手は熊本ヴォルターズ。テレビでも取り上げられているチーム相手にどう戦うのか?メンバーが大幅に入れ替わってどうなるのか?ということで注目していた。

 1QT、熊本に走られるのだが、これはディフェンスが機能していない部分もあるけどこっちもオフェンスができていない。熊本のディフェンスに翻弄されてシュートまで持ち込めない。そんな場面が繰り返された。

 昨年のチームと比べて変わった点は、ボールを持ってシュートするまでクイックになっていた点。そうでもしないとシュートすら打てない状況だったという面もあると思うけど。

 外国籍選手の起用人数がNBLルールになった点を含め、不慣れな点も多かったと思う。

 特にチームの得点源という役割を期待しているシェイ(タプスコット選手)をオン1のQTに投入するのは、得点力を期待する半面高さを失うことになる。事実、この試合は危惧したことが的中。熊本のウォーレンとのマッチアップでは高さの面では負けてしまっていた。

 その分は高田選手、近選手という高さのある選手で勝負したいところだったが、やはりシェイにインサイドの役割を求めるのは大変だったと思う。オン1の時間帯が本当にシェイで良かったのか?という疑問を今日の試合に関しては思った。 

 そんななか、印象に残るプレーを見せたのは仙台から移籍してきた坂井選手。チーム唯一の2ケタ得点。インサイドに走りこんだり、アウトサイドからのシュートも決めるなど、チームに大きな貢献を果たした。

 ベテラン選手や生え抜き選手を大量退団させて今のメンバーで試合をしている。まだ結果がすぐに出るとは限らないけど、結果が出ない試合が続けば観客動員に影響が出る。チーム状況を考えれば集客が大きなテーマ。お客さんや地元の人たちに「負けたけど面白い。試合を観に行こう。」と思わせるゲームが明日はできるか?いや、しなければならない。

 最後にちょっと感じた残念なことを書く。

 試合終了後、選手の退場口がブースターと反対側だったせいもあるかと思うが、ブースターのところに寄って挨拶していたのはシェイだけだった。何かリーグ規定があるのだろうか?(選手は客席に近づくな。とか)

 スポナビなどで確認できているけど、高松や島根から熊本まで駆けつけているブースターがいる。こうしたブースターの声援に感謝の気持ちをアリーナで伝える。これは昨シーズンまではできていたこと。今日のような点差でも最後まで応援してくれているブースターに感謝の気持ちを一言でも直接伝えるということはとても大切なことだと思う。アウェイまでブースターが来て応援するのは当然のことではない。そこんとこは選手にもわかってほしいと思う。



| バスケの話(ファイブアローズと76ers) | 20:10 | - | - |