04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

タテジマに魅せられて

ときめいてシ〜ズン!勝とうぜ!阪神タイガース!!折れない心で前進しよう!お楽しみはこれからじゃ〜!!HANSHIN Tigers,It’s my life!!
<< カープおめでとう | main | 気持ちが出ているのか? >>
ARCHIVES

PROFILE

LINKS

現在の閲覧者数:

ジオターゲティング
OTHERS

来季構想ぼちぼち
人気ブログランキングへ

 掛布さんが来季もファーム監督とのこと。これは嬉しいなぁ。今年活躍した若い選手は何らかの形で掛布さんのコーチを受けている。その実績は否定できるようなものではない。今年頑張った若い選手が今年以上に活躍できるように、そして新たな面々が出てくるためには掛布さんの力が絶対に必要。健康に気をつけて頑張ってほしい。


 新外国人では2人の選手の名前が現在報じられているが、両選手とも外野手。うち1人はサードもできるとの触れ込みだが、今年来日したヘイグ選手もそんな触れ込みだったので、とにかくしっかり結果を残せる見込みがある選手を獲得してほしい。

 そしてこの候補が両選手とも外野手であることはさっき書いたけど、これを外野手の選手たちは相当ピンチに思ってほしい。

 助っ人として獲得した以上はスタメンで開幕から起用すると思った方が良い。そうなると外野手3人のうち1人は福留選手、1人は助っ人外国人、もう1人は?現状では盪柿手が有利か。そういうことになる。

 個人的には内野手を獲得してほしい気がしている。もちろん、ゴメス選手の処遇次第でファーストを守る選手にするのか、サードにするのか?が変わってくる。

 でも、ここにきて外野手を候補にし、ドラ1を投手に絞り始めたとの報道が出たのも、北條選手が固定されて起用されるようになったからではないか?

 1人の選手がレギュラーに定着するということは、他の選手が勝ちとることが出来るポジションが1つ減ったということ。もちろん、同じ選手だけで1年間を戦えるわけがない。でも得られるチャンスは減るということに間違いない。

 北條選手をショート起用。鳥谷選手がサードかセカンド。それだけでも大きな変化である。まさに超変革である。これでドラフトは2位以下で内野手を指名するという選択もできるようになる。特に目立った数字を残しているわけではないが、北條選手がもたらした変化と影響は本当に大きなものになった。

 これから本格的になるオフの補強。FA獲得はもう少し待ってみて、助っ人と育成で2年目に入ってほしいのだが。



人気ブログランキングへ


コメント欄は時間によってご利用いただけることがあります。


コメント欄や投稿者名にショッピングサイトなどへのリンクが貼られていた場合などは削除することがあります。ご承知おきください。

なお、当面の間、サイドバーのコメント表示を非表示にしてあります。
| タテジマに想いを | 21:51 | - | - |