06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

タテジマに魅せられて

ときめいてシ〜ズン!勝とうぜ!阪神タイガース!!折れない心で前進しよう!お楽しみはこれからじゃ〜!!HANSHIN Tigers,It’s my life!!
<< 驚いたのなんのって | main | 連投を配慮したんだろうけど >>
ARCHIVES

PROFILE

LINKS

現在の閲覧者数:

ジオターゲティング
OTHERS

遂にきた
人気ブログランキングへ


 藤浪投手が立ち上がりから苦労する投球が続いている今シーズン、今日の試合もこれまでと同様に制球が安定しなかった。

 初回の失点は勿体ないもので、せめて1失点で抑えることが出来ていればその後の展開も違ったのかもしれないが、自らの暴投があったことを防ぎたかった。

 ドラゴンズの若松投手はスローカーブも交えながら試合を作ったのだが、タイガースも中盤で2点獲って同点にもってきた。

 今シーズン、金本監督は先発投手を早めに降板させて継投に持ち込む試合を見せるのだが、中継ぎ不足と思われるタイガースにとって早めの継投はどちらに転ぶか分らない。

 昨日は球児投手の感動のセーブがあったけど、苦肉の策というか他に手が無かったようなことを監督も語っていた。

 石崎投手が今日も好投。2日続いたことは評価を高めて良い出来事だ。 

 そしてその石崎投手に続いたのが田面投手。そしてそれを受けるのが原口選手。2人ともキャンプインの時点では3ケタの背番号だった選手たち。この2人が大事な同点の場面を無失点で抑えきっている。これも凄いことだ。掛布さんの指導力なのか金本監督の眼力なのか分らないけど、支配下登録して1軍に呼んで試合に使う。その決断は簡単なことではない。

 活躍しているけどなかなか甲子園のお立ち台には呼ばれない。そんな日が続いていたけど遂に原口選手がお立ち台に立った。

 9回、1アウト満塁の場面でバッターボックス。外野フライでも良い場面。でも又吉投手はサイドハンドから外に曲がるボールを投げるので右打者には特に厄介。でも真ん中かな?低めに入ったボールをしっかり叩いた打球は前進守備のセンターを越えるサヨナラヒットとなった。仮にセンターが定位置で守っていても最低でも犠牲フライには充分すぎる当たり。原口選手に駆け寄る選手たちが持っている水も、なにかいつもより多めに見えた。

 ずぶ濡れになった原口選手がお立ち台で何度も口にした「チーム一丸」、「波に乗る」という言葉が今年のタイガースの姿と、今のタイガースが必要としていることを物語っている。

 厳しい試合、簡単には勝てない試合、若い選手がこれまでにないくらい多いシーズンを戦っていくにはこの2つがまず必要。そう感じているからこその言葉だと思う。

 明日からのカープ戦では、黒田投手が目の前に立ちはだかる。タイガースは岩貞投手。簡単に打ち崩せる投手ではないけど、チーム一丸で波に乗れるような試合を期待している。



人気ブログランキングへ


コメント欄は時間によってご利用いただけることがあります。


コメント欄や投稿者名にショッピングサイトなどへのリンクが貼られていた場合などは削除することがあります。ご承知おきください。

なお、当面の間、サイドバーのコメント表示を非表示にしてあります。
| タテジマに想いを | 23:14 | - | - |