04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

タテジマに魅せられて

ときめいてシ〜ズン!勝とうぜ!阪神タイガース!!折れない心で前進しよう!お楽しみはこれからじゃ〜!!HANSHIN Tigers,It’s my life!!
<< ポロポロと | main | 言葉の力 >>
ARCHIVES

PROFILE

LINKS

現在の閲覧者数:

ジオターゲティング
OTHERS

○○ぶり
人気ブログランキングへ


 高山選手がオープン戦で猛打賞。新人の猛打賞は鳥谷選手以来12年ぶり。

 現時点では高山選手の調子がこのまま続けば開幕1軍は堅く、そしてスタメンの可能性もある。そうなると「野手では○○選手以来、○○年ぶり」という言葉が何度も紙面を飾るということが予想される。例えば「新人で2ケタ本塁打は○○ぶり。」とか。

 ここ数年では藤浪投手が何度も「ぶり」を作った。その多くは「江夏以来○○ぶり!」だった気がする。投げる利き腕は違っても、高卒投手ということで比較されたことは多かった。

 では、高山選手の場合はどうなるんだろう?打席の左右は気にしないこととして、「大卒野手(社会人経験アリも含む。)」と誰と比較されるのか?詳しく調べてこれを書いているわけではないので、あくまでも印象として・・・・・になってしまうのだが、先ずは「鳥谷以来・・・」は一番出てきそう。

 他にもホームランだったら「岡田以来」とか「田淵以来」とか・・・・・打率なら「坪井以来」とか盗塁なら「赤星以来」とか。 

 繰り返すが、ろくに調べずかなり思いつきで書いているので他にも「○○以来」の「○○」に当てはまる選手はいると思うよ。

 願うとすれば、数年後、十数年後になったときに「あの高山以来」と言われるくらいの数字を沢山残してほしいってこと。怪我しないでしっかり1年戦ってほしい。


人気ブログランキングへ


コメント欄は時間によってご利用いただけることがあります。


コメント欄や投稿者名にショッピングサイトなどへのリンクが貼られていた場合などは削除することがあります。ご承知おきください。

なお、当面の間、サイドバーのコメント表示を非表示にしてあります。
| タテジマに想いを | 20:22 | - | - |