05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

タテジマに魅せられて

ときめいてシ〜ズン!勝とうぜ!阪神タイガース!!折れない心で前進しよう!お楽しみはこれからじゃ〜!!HANSHIN Tigers,It’s my life!!
<< セカンド西岡  | main | 期待度 >>
ARCHIVES

PROFILE

LINKS

現在の閲覧者数:

ジオターゲティング
OTHERS

育成からの長いかもしれない道のり
人気ブログランキングへ


 一二三選手が育成契約からの再出発となっている。

 本人も1年で支配下登録への復帰を誓っているようだが、俺個人的には2軍から1軍にあがるよりも、育成から支配下になるほうが何倍も難しいと感じている。

 以前育成だった狩野選手のように、ある程度の実績はあるが故障が癒えるまでの間、支配下ではなく育成として契約した選手であれば、早い話がバスケのNBAにもあるインジュアリー・リスト(故障者リスト)のような扱いで支配下復帰の可能性は高い扱いになるのだが、一二三選手の場合は1軍実績があるとは言えず、2015年はファームでの実績も正直芳しいとはいえないものだった。

 現在、育成契約中の野手では原口選手もいるが、彼も怪我をきっかけにして育成契約になって何年か経つはず。

 こうした育成契約の選手が支配下登録されるためには、「1軍でも使える。」と思わせるレベルになることが求められているんじゃないか?と思っている。

 要は、ファームレベルの実力を見せただけではダメだということ。ファームの試合で良ければ育成契約のままでも出場できるんだから。

 そうじゃなくて、「このままファームの試合に出し続けるのは勿体ない。」、「1軍で使いたい。」と思わせるレベルにならなければ支配下登録に復帰できませんよ!ってことだ。

 昨秋、原口選手は金本監督に名前を出してもらえるくらいの存在感は出していた。彼の場合、ファームレベルなら肩を並べることが出来ると思う。ただ、支配下となると前述のとおりのものが求められてしまうのだ。だから一旦育成契約になったら後が本当に大変。

 その大変さの中にあっても野手ではないが、昨年は島本投手が支配下登録を勝ちとっている。困難性は高いが出来ないことをやれと言っているわけではないのが。

 戦力外になったが、かつては田上選手も育成出身だよね?田上選手には俊足という秀でた一芸があった。原口選手、一二三選手にこうした一芸があるかどうか分らないけど、どうか支配下を勝ち取ってほしい。田面投手、トラヴィス投手を含め、可能性は低くてもその確率を広げ、高めて行くのは自分しか出来ないと思うのだ。




人気ブログランキングへ


コメント欄は時間によってご利用いただけることがあります。


コメント欄や投稿者名にショッピングサイトなどへのリンクが貼られていた場合などは削除することがあります。ご承知おきください。

なお、当面の間、サイドバーのコメント表示を非表示にしてあります。
| タテジマに想いを | 18:03 | - | - |