10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

タテジマに魅せられて

ときめいてシ〜ズン!勝とうぜ!阪神タイガース!!折れない心で前進しよう!お楽しみはこれからじゃ〜!!HANSHIN Tigers,It’s my life!!
<< セカンド1本 | main | 昨日と同じか?!高松ファイブアローズ(バスケの話) >>
ARCHIVES

PROFILE

LINKS

現在の閲覧者数:

ジオターゲティング
OTHERS

ケンゾーさんは元気そう!高松ファイブアローズ(バスケの話)
人気ブログランキングへ



 秋田のACになったケンゾーさん。なんの因果か、このVS高松戦はHCの長谷川さんが出場停止となり、HC代行として戦うことに。bjtv越しではあるけど元気そうでよかった。

 この試合、とにかく前半は互角。特に2QTはかなり点差を詰めて終えることができた。

 アグレッシブに動いていたのはJ。特にオフェンスリバウンドも積極的に獲りに行ったのは素晴らしいこと。セカンドチャンスを持ってくることは本当に有利になっていた。 

 ただ、とにかくシュートが入らない。試合を通じて入りませんでしたが、前半の3ポイントはすべてリングに入らない。これでは試合を苦しくします。同じく秋田も入らなかったので結果的に僅差のまま前半を終えるのですが。 

 ロースコアに抑えられてしまった理由はいくつかあると思いますが、ニノ、カツオ選手、高田選手が得点できない。これでは試合は確かに苦しい。こうした選手たちがしっかりスコアできないと、つまり得点が特定の選手に偏ってしまうと苦しいということです。 

 前半は僅差で終えましたが、後半はワンサイドになりました。ハーフタイムで修正してきたであろう秋田。そしてその修正に対して対応できなかった高松。これはベンチワークの差が出てしまったというべきでしょう。昨年も前半は優勢に運んで後半に入ってすぐにひっくり返されたことが多くありましたが、今年は秋田に移籍したケンゾーさんにこれをやられてしまうのですから。

 青森戦の2試合目で見せてくれた感じのバスケットをさせてもらえなかった。これが秋田の強さでしょうし、ケンゾーさんによるスカウティングなのかとも思いました。

 HCも、チームの柱の外国籍選手もこの試合は不在だった秋田に対し、どちらもいた高松がここまでの点差で負けた事実。ちょっと点差が広がった負けが多くなっている今季。まずは試合前のチェックと修正をどのようにするのか?同じパターンの負け方をどうやって減らすのか?そこをなんとかしてほしいと思います。



人気ブログランキングへ


コメント欄は時間によってご利用いただけることがあります。


コメント欄や投稿者名にショッピングサイトなどへのリンクが貼られていた場合などは削除することがあります。ご承知おきください。
| バスケの話(ファイブアローズと76ers) | 23:44 | - | - |