08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

タテジマに魅せられて

ときめいてシ〜ズン!勝とうぜ!阪神タイガース!!折れない心で前進しよう!お楽しみはこれからじゃ〜!!HANSHIN Tigers,It’s my life!!
<< 今季象徴 | main | ホーム開幕!高松ファイブアローズ(バスケの話) >>
ARCHIVES

PROFILE

LINKS

現在の閲覧者数:

ジオターゲティング
OTHERS

思い出づくりではないと思う
人気ブログランキングへ



 確かに驚きの関本選手のスタメンだった。でもこれは決して思い出づくりではなく、勝つための最善の策だったと思いたい。

 なにしろポレダ相手に負けすぎている。だとしたら、まぁ、左右でどうこうするのであれば関本選手に頼りたくなる気持ちも分かる。その代り、代打の1番手は西岡選手に託すという選択だったのか?

 結果として関本選手がノーヒットだったとはいえ、チーム全体でポレダから3安打だったんだから、これは起用の失敗というよりは最後まで打てないまま終わったと言った方がいいんだろう。

 負けて聞いたヒーローインタビューで、読売の阿部選手が、チームが勝ったことよりも関本選手への惜別を語ったことの方が長かったんじゃないか?というのが、俺にとっては印象に残った試合となってしまった。この発言については、阪神ファンの1人としても嬉しかったなぁ。

 繰り返すが思い出づくりではないと思う。「これが最後の試合。」というのであれば、CS1stラウンドで1敗して後が無い状態で迎えた昨日の試合で、相手先発の左右に関係無くスタメン起用していたはず。でもそうじゃなかったってことは、奇襲と思われる可能性は有っても、少なくとも思い出づくりではないと思った。

 いずれにしても負けた。打てずに負けた。昨日、今季を象徴する「今年の勝ち」を見たいと書いたら、見事なまでに今年を象徴する負けを見せつけられた。そう、「同じ投手に何度もやられる。」というやつだ。

 なんといっていいかわからないが、これまでも特定の投手に何度もやられてきた。過去には山本昌さんや三浦大輔さんとか。そういうのが今年は特に多かった。

 最後の最後でもなぁ・・・・・と思いながら、今年戦った選手に対し、なんだかんだ言っても阪神を応援できたことを感謝したいなぁ、労いたいなぁ、というのが今の正直な気持ちである。


人気ブログランキングへ


コメント欄は時間によってご利用いただけることがあります。


コメント欄や投稿者名にショッピングサイトなどへのリンクが貼られていた場合などは削除することがあります。ご承知おきください。

| タテジマに想いを | 22:28 | - | - |