03
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

タテジマに魅せられて

ときめいてシ〜ズン!勝とうぜ!阪神タイガース!!折れない心で前進しよう!お楽しみはこれからじゃ〜!!HANSHIN Tigers,It’s my life!!
<< だって藤浪投手が投げてんだもん | main | 3人目は誰だ?!高松ファイブアローズ (バスケの話) >>
ARCHIVES

PROFILE

LINKS

現在の閲覧者数:

ジオターゲティング
OTHERS

小技も大切にした
人気ブログランキングへ


 スワローズが勝ったとかでゲーム差が1に広がった。まぁ、こればかりは仕方ないよ。序盤で試合、決まっちゃったもん。

 さて昨日の試合。2つ書き忘れたことがあった。両方とも小技というか、とても大切な技術のこと。

 1つめは藤浪投手の送りバントのこと。以前も書いたけど、昨日も良かった。上手かった。

 ランナーを2塁に置いて打席に入った藤浪選手。ここで見事に送りバントを決めた。

 2塁走者を3塁に行かせるだけの送りバントは、1塁ランナーを進ませるときと比べて、かなり難しいと思う。ここで失敗しないで1発で決めたことは、得点にはつながらなかったけど大きなプレーだった。

 勝てる投手とそうでない投手の境目はいくつもあると思うけど、送りバントもそのうちの1つ。凄い投手はこういうのも出来るんだなって思った場面だった。

 2つめは大和選手の走塁。マートン選手の浅目のライトフライでホームに突っ込んで得点を奪った。

 これは大和選手の走塁の凄さだよなぁ。

 俺は陸上競技をやっていたのでそっちの目で少し見てしまうのだが・・・・・とは言いつつ、現代の技術はそうじゃなかったらゴメン・・・・・大和選手のスタートは、最初から状態を起こし気味。これ、いいんじゃないか?と思っている。

 低めの体制でスタートすると、走っているときのフォームになるまで、要は上体を起こすまでスピードに乗りきれない場合が多い。でも大和選手の場合は、スタート時から走っている時のフォームに近い上体となっているので、スピードに乗りやすいんじゃないか?ってことを書いてみたかった。

 あの場面、結果的にはドラゴンズの捕手がタッチに行った際にグラブからボールをこぼしているので、タッチできたとしてもセーフとなった可能性が高いと思うけど、少しの技が大きな結果を呼び込んだ場面だったと思っている。



人気ブログランキングへ


コメント欄は時間によってご利用いただけることがあります。


コメント欄や投稿者名にショッピングサイトなどへのリンクが貼られていた場合などは削除することがあります。ご承知おきください。

| タテジマに想いを | 22:16 | - | - |