10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

タテジマに魅せられて

ときめいてシ〜ズン!勝とうぜ!阪神タイガース!!折れない心で前進しよう!お楽しみはこれからじゃ〜!!HANSHIN Tigers,It’s my life!!
<< これはどういう試合なのか? | main | まずは1つ >>
ARCHIVES

PROFILE

LINKS

現在の閲覧者数:

ジオターゲティング
OTHERS

頭部死球を考えてみた
人気ブログランキングへ


 色々と思うことがあった前半?でもないけど、交流戦までの日程が終了。タイガースは借金4で首位まで7ゲーム差の5位ってことだ。

 俺としては、もっと借金が多いと思っていたので、この数字が「4」というのは結構意外。なんだ、まだ巻き返せるじゃねぇか。って思ってしまった。どうっすか?!無理っすか??

 昨日の上本選手への頭部死球を改めて見て思ったのは、「やっぱり危ない。」ということ。ずっとずっと前、田淵さんが阪神にいたころに頭部死球を受けて・・・・・って話は何回も聴いている話だけど、テレビ越しとはいえ本当に危なかった。

 ホームベース付近で和田監督もエキサイトしていた。確かに、この3連戦、結構当たっていたな。

 当然、ベイスターズも故意にやっているわけではない。中畑監督、川村コーチ、そして投げた山崎投手も謝罪に訪れたとのことだ。

 今年は頭部死球が多いらしい。阪神も松田投手が今年は1つ、頭部死球を出している。

 ルールでは頭部死球は危険球退場となっている。どちらのチームの選手が当てられても嫌なもの。俺は硬球を1つだけ持っていて、これで頭の部分を本当に軽くコツンとやってみたのだが、本当に痛い。石だよ、あれは。

 その硬球が150キロ近い球速で、ヘルメットをしているとはいえ頭に当たったら・・・・・そら痛さというよりも怖いよ。

 誰が当てても当てられても、命にかかわるデッドボール。本当にそう思う。だから本当に危険球退場だけで良いのだろうか?俺はいつもそう思っている。

 頭部死球を与えた投手は一旦登録抹消。再登録は通常と同じ10日後。そしてこの抹消期間に頭部死球の危険性を学ぶための講習受講。そうでもしないとペナルティにならんのではないか?などと思うこともある。

 さすがにそれはやりすぎ?でも場所が場所だけにね。タイガースの投手がそういうことになったとしたらチームとして当然苦しい。でもそれくらい、故意じゃなくても危険な一瞬。中畑監督が山崎投手に向けた、猛省を促す厳しい言葉がその危険性を物語る。

 少なくともこの乱闘場面を取り上げて「アツい!」とか言っちゃいけない。そう思っているのだが。



人気ブログランキングへ


コメント欄は時間によってご利用いただけることがあります。


コメント欄や投稿者名にショッピングサイトなどへのリンクが貼られていた場合などは削除することがあります。ご承知おきください。

| タテジマに想いを | 22:26 | - | - |