08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

タテジマに魅せられて

ときめいてシ〜ズン!勝とうぜ!阪神タイガース!!折れない心で前進しよう!お楽しみはこれからじゃ〜!!HANSHIN Tigers,It’s my life!!
<< 唸るスイング〜♪ | main | 頭部死球を考えてみた >>
ARCHIVES

PROFILE

LINKS

現在の閲覧者数:

ジオターゲティング
OTHERS

これはどういう試合なのか?
人気ブログランキングへ


 上本選手の頭部への四球。ベイの山崎投手の初球、キャッチャーは外に構えている。ってことはコントロールミスか。打席で倒れていた上本選手も歩いてベンチに戻っていたけど、とにかく無事であることを祈るのみ。

 この場面でこっちの監督がエキサイト。あっちもエキサイト。倒れている上本選手の心配が先だって!!と思ったんだけど。

 こういった闘志が中盤までに見えにくかった試合。桑原投手続投のお知らせ(代だ出なかったとき)のスタンドのざわつきが凄かったな。

 その桑原投手、2イニング目はなんとか抑えちゃったのが面白かった。ま、その前のイニングをどうにかしたかったけどな。

 先発の岩貞投手。もうね、こりゃファームに行くしかないでしょ?!という内容。同時期にファームで競っていた横山投手があんだけ好投したこともあって、辛さが増す結果となった。本当に競っていたのか?とさえ思えるほどにね。

 別に慰めるわけじゃないけど、エースと呼ばれる能見投手だって、出てくるまで時間がかかっている。俺も実際に、球場で観戦した試合で、能見投手が立ち上がりからどうにもならずに早いこと降板した試合ってのを少なくとも2回は見ている。

 だから気にするなとは言わない。能見投手も当時は自由枠だかで入団。岩貞投手もドラ1で入団。同じようなもんだから気にするなとは絶対に言わない。活躍してもらわなけりゃ困るから。時間の猶予なんてあるとは思えないし、今年のような出番のチャンスが何回も、来年もあると思ってほしくないからね。

 継投云々は絶対に言われる試合。本当に、ビハインド時に試合を持たせることができる投手がどんだけいないのか?っていう。松田投手も失点しちゃうしなぁ。先発が3回途中で降板するからこうなるのよね。3回途中から、そりゃリードしていたけど、終盤から中盤の勝ちパターンの投手なんて出せないって考えに俺は賛成なのだが。要は先発だったら5回までは試合を作れってことで。

 6点獲ってるのよ。ただ、中盤の淡泊な展開を悔まないと。逆転された4〜6回の3イニング連続三者凡退で相手を立ち直らせちゃったし。

 同じことを書いちゃうけどさ、桑原投手の続投や、そのあとの中継ぎ陣が軒並み失点したんでそっちの方が印象に残るかもしれないけど、敗戦投手は岩貞投手。3回途中で被安打5に四死球4という結果。これでよく降板時に2失点(試合としては4失点)で納まったもんだ。

 次の舞台がどういう試合のどういう場面かなんてわかんないけど、置かれた立場が厳しさを増すことだけは事実だと思う。そこをなんとか乗り越えるだけのものを取り返して。持ってないなら身につけて!プライドってやつを見せてほしいと思う。

 しっかし、ビハインド時に試合をなんとか手放さないような投球ができる投手、うちにはいないのかね?



人気ブログランキングへ


コメント欄は時間によってご利用いただけることがあります。


コメント欄や投稿者名にショッピングサイトなどへのリンクが貼られていた場合などは削除することがあります。ご承知おきください。

| タテジマに想いを | 17:14 | - | - |