10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

タテジマに魅せられて

ときめいてシ〜ズン!勝とうぜ!阪神タイガース!!折れない心で前進しよう!お楽しみはこれからじゃ〜!!HANSHIN Tigers,It’s my life!!
<< ジェットカートリオ?! | main | ありとあらゆる・・・高松ファイブアローズ(バスケの話) >>
ARCHIVES

PROFILE

LINKS

現在の閲覧者数:

ジオターゲティング
OTHERS

10分!高松ファイブアローズ(バスケの話)
人気ブログランキングへ


 ここでいうラスト10分ていうのは、第4QTのラスト10分ではなくて、第3QTの残り2分と第4QT開始から8分間までのこと。第3QTのラスト2分からの10分間は、あきらかにそれまでのバスケットとは違うものになってしまった。

 このところ苦労していた後半の入りは悪くなかった。ここはしっかりと修正も対応も出来ていた。

 ただ終盤に進むにつれてキングスのオフェンス力が発揮されてきて、それをこっちは止めることができなかった。

 チームの意図は十分伝わってきた。リバウンドでは押されているけど、その分は早めのチェックで相手にタフショットを打たせているし、そもそもこの試合のシュート数は琉球が63本に対し高松は10本以上多く放っている。

 でも確率という点では琉球が31/63だけど高松は27./74という数字。大きな差が付いてしまっている。

 とくに表題にも書いた10分間で、高松はあっという間に引き離された。ターンオーバーにパスミス。こっちは外す3ポイントをあっちは決める。

 “差”と言っちゃえばそれまで。少ししか無いと思った差が当たり前のように思っていたようにあったと言うべきか・・・・・いや、なんか違う。むしろ明日が楽しみ。

 ここまで上位チームと散々対戦して、少しずつ出来てきたように感じているチームディフェンス。できればどこかでプレイオフを争っているチームに試してみたかったけど、先ずは明日のキングス相手にもういっちょ!

 あの10分で感じた違和感っていうか、そういうのってなんだろう?腕が縮んだか?焦ったのか?」でも勝つためにはそういうのは置いて来なけりゃいけない。腕も縮む、焦りもする、怖さも感じる。それはきっとみんな一緒。でもそれを置いて来なけりゃ強いチームには勝てない。

 明日は捨て身になるのではない、捨てるんじゃなくて体そのものを相手に全力でぶつけるしかない。勝つことだけを考えて。


人気ブログランキングへ


コメント欄は時間によってご利用いただけることがあります。


コメント欄や投稿者名にショッピングサイトなどへのリンクが貼られていた場合などは削除することがあります。ご承知おきください。

| バスケの話(ファイブアローズと76ers) | 22:44 | - | - |