05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

タテジマに魅せられて

ときめいてシ〜ズン!勝とうぜ!阪神タイガース!!折れない心で前進しよう!お楽しみはこれからじゃ〜!!HANSHIN Tigers,It’s my life!!
<< ウル虎ユニフォーム | main | こういう試合だ!高松ファイブアローズ(バスケの話) >>
ARCHIVES

PROFILE

LINKS

現在の閲覧者数:

ジオターゲティング
OTHERS

とにかく修正を!高松ファイブアローズ(バスケの話)
人気ブログランキングへ


 今日と明日は岡山で、つよ〜い京都ハンナリーズと対戦。試合は・・・・・あれ?

 なんていうか、ハンナリーズアリーナで現地観戦した2試合目と同じような感じになっちゃいました。

 この試合、京都はオールスタープレイヤーのレジー・ウォーレンを欠いて臨みます。ってことは、相手チームの外国人選手を1人でもファウルトラブルにすれば勝機が・・・・・こっちのDがファウルトラブルになっちゃいました。

 あっちが点を獲りこっちが抑えられる。そんな試合でしたが藪内選手が頑張りました。果敢にゴールにアタックして、倒れながらもシュートを決めます。京都相手に14得点は立派です。米澤選手も9得点。ディフェンスで粘りを見せてくれました。

 ドレも序盤にスリーを決めてリズムに乗り18得点7リバウンド。健闘を見せます。

 でもそれだけじゃ勝てない。個人の結果も重要ですが、チームとして見ればリバウンドで差をつけられます。特に京都のフェンスリバウンドは高松よりも9本多く、京都のターンオーバーは高松よりも9つ少ない。この差がこの試合の全てではないでしょうか。

 今年の高松、スモールラインナップです。だからインサイドでリバウンドが取れていない試合が多い。だったらどうするのか?得点力は上がったけどディフェンスが昨シーズンよりかなりの面で機能していない。それはなぜなのか?ここをきっちり修正しなければいけません。スモールラインナップの戦い方をつかまないと。

 京都にしてみれば、心理的にも優位だったかもしれませんが、それよりも“チームとして徹底すべきこと”がしっかりできている気がしました。それは特にディフェンス面で。相手に高いところからしっかりプレッシャーをかけるということ。相手を倒すというよりも相手の自滅を誘うかのような場面が何度もありました。チームとして徹底すべきことさえできれば勝てるとでも言わんばかりの試合でした。

 とにかく自滅に誘われないこと。そのためには?ということを明日はきっちり修正してほしいと思います。

 ハンナリーズアリーナで2つ負け、今日も負け。明日こそ本当にきっちり修正しなければプレイオフとか言ってる場合じゃなくなりますし、プレイオフに出ることができたとしてもウェスタンの上位を崩すことはできません。

 京都のディフェンスに根負けしないこと、苛立たないこと。しっかり粘った試合に持ち込んでほしいと思います。今日の試合の第2QT序盤の展開を明日は試合を通じて見せてほしいです。



人気ブログランキングへ


コメント欄は時間によってご利用いただけることがあります。


コメント欄や投稿者名にショッピングサイトなどへのリンクが貼られていた場合などは削除することがあります。ご承知おきください。

| タテジマに想いを | 22:13 | - | - |