04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

タテジマに魅せられて

ときめいてシ〜ズン!勝とうぜ!阪神タイガース!!折れない心で前進しよう!お楽しみはこれからじゃ〜!!HANSHIN Tigers,It’s my life!!
<< あと一歩を!高松ファイブアローズ(バスケの話) | main | 地元出身とか >>
ARCHIVES

PROFILE

LINKS

現在の閲覧者数:

ジオターゲティング
OTHERS

ハーモニーを奏でろ!高松ファイブアローズ(バスケの話)
人気ブログランキングへ



 今日は2QT途中から試合を観ました。ちょうどいい場面を沢山見たんだと思います。

 そして今日も3QT以降は・・・・・またか・・・・・という展開でした。

 いや、昨日に比べれば良くやったと思うんです。でもなぁ・・・ファウルトラブルでもないのに勝負どころでベンチにいるBJってどうなんだよ?と思わんでもない。怪我でもしているのであれば治して欲しいし、そうじゃないならもっと飛んでほしい、張ってほしい。マッチアップした相手がシュート打ってんのに見送ってるとか、リバウンドで自分の方がゴールに近い場所にいても飛んでないとか、アウトサイドシューターでもないのに3ポイントラインのところで待っているとか。そういう戦術ならそうなんでしょうけど、貴方もしかして・・・・・たまにいる・・・・・インサイドが苦手なビッグマンだったのか?!6得点4リバウンドは貴方に求めている数字ではない。もっとできるでしょ?ってことです。

 ってことでため息の出る結果になりました。この時期の大阪を今止めておかないと、勝負どころで対戦する4月の大阪ホームの試合で苦労するんじゃないか?と思えてきます。

 メンバー的にもそろそろチームのハーモニーが完成されなければいけない時期です。当面の順位争いをするであろう大分や奈良に後れを今から取るわけにはいきません。

 前半の好ゲームが続かない。続けさえてもらえない。これはどこのチームが相手でも打開しなければいけません。まだ選手が力を出し切っていない。特に外国人選手が出し切っていない。そう思えます。

 その証拠?では無いんでしょうけど、Dのスコアにも表れています。前半は得点、アシスト、リバウンド共にバランス良くスコアしているのですが、後半は得点だけが伸びている。悪い時のDは強すぎる責任感からか、自分が何とかしようとして得点に走る傾向があります。でもDほどの選手であれば周りを活かす術も心得ている。それが出たのが前半でした。Dがそういったコートビジョンでゲームに参加できれば良いバスケができるはずです。

 そしてそのビジョンで活き活きとした姿を見せたのはジャスティンでした。アリーウープとかでチームを鼓舞します。やはりジャスティンの得点力を活かさない手はないわけです。

 今年高松がやろうとしているバスケってどんな姿?というのが頭ではわかっていても見えてこない気がしています。得点力を上げようとしたけど、オフェンスの結果が出る前にディフェンスの結果が劣るようになってしまったのではないか?そんな風にも見えます。

 どうやってチームを立て直すのか?確かにベンチメンバーは昨年よりも厚くなっていると思います。でもそこで「勝てるやろ!」と思ってしまっていないのか?と。それがちょっと心配。「勝てるやろ!」が「なんで勝てへんのやろ?」になって、「どうせ勝てんやろなぁ。」にだけは絶対になってほしくない。更に「あいつのせいや!」になったら目も当てられません。そうなる前にチームのハーモニーを感じたいわけです。

 立て直せる時間はあります。誰にどんな役割を期待しているのか?それもあるけど、今年の高松の勝つ型って何?その構築を求めたい。出来ないはずはないんです。

 幸いにも(徳島開催ですが)次節もホーム開催です。この2連戦を少しでも糧にしてほしい。じゃないと誰も浮かばれない。

 タレント揃った、コーチも昨年と同じ。目の前にあるのは「勝てるはずなのに。」と「勝てていない。」という現実とのギャップ。

 「あるべき姿」がある。でも「現状」はこう。その差が「課題」であることはマネジメントの基本?でもあります。当然やっているはずのPDCAサイクル。勝つためのPDCAサイクルが生み出すチームが奏でるハーモニーを、是非とも聴かせてほしいと思います。



人気ブログランキングへ
| バスケの話(ファイブアローズと76ers) | 16:56 | comments(0) | - |