05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

タテジマに魅せられて

ときめいてシ〜ズン!勝とうぜ!阪神タイガース!!折れない心で前進しよう!お楽しみはこれからじゃ〜!!HANSHIN Tigers,It’s my life!!
<< 笑いと感動と | main | フリースローだ!高松ファイブアローズ(バスケの話) >>
ARCHIVES

PROFILE

LINKS

現在の閲覧者数:

ジオターゲティング
OTHERS

リバウンド掴め!高松ファイブアローズ(バスケの話)
人気ブログランキングへ



 やってきました浜松アリーナ。今回も高松ファイブアローズの応援のために家族そろって浜松で観戦です。

 良かったこと・・・・・チアのお姉さんの振りに合わせて娘が踊ったら「贅沢ふりかけ」ってのをもらいました。柚子味です。そして浜松が勝つと試合終了後に出口でグミを配ってました。2日間とも貰っちゃったじゃねぇか、クッソー!!

 さて試合です。沖縄も強いが浜松も強い。でもその強さの種類が違うと思った試合でした。浜松のバスケには嫌らしさがあるとでも言いましょうか。

 前半は同点で折り返します。ただ試合を通じて感じた苦しさはなんだ?というとリバウンドの数じゃねぇのか?と。途中でスタッツ確認したら、リバウンド数は浜松が高松のほぼ倍。こりゃ苦しいわ。

 高松もフリースローをよく決めていたのですが、浜松はそれ以上に決める。前半は100%じゃねぇの?この辺が徐々に差となり・・・・・。

 そして3QTあたりから走られちゃってね。そうなるとこっちは個人プレーに頼りがちになる。チームとして戦えなかった後半。とくに勝負所でターンオーバーを重ねて流れを自ら手放した。それが印象です。

 前半互角で後半離される。これはホーム開幕で連敗した沖縄戦と結果だけ見れば同じ。昨年は前半大量リードしても追い付かれる試合を何度も見た気がしたけど、今年は前半互角で後半離されるという。これを何とかするためには先ずは40分間集中できるか?ということなのかなぁ?

 リバウンドという点では小柄な浜松:大口にもインサイドで飛ばれちゃうシーンもあり、それはさすがにチョットと思ったけど、それ以外にもアウトサイドからシュートを打ったときに、インサイドに誰も残っていない(ディフェンスに戻っちゃう)のでオフェンスリバウンド争いに参加できていない。というシーンが何回もあったのではないかと。

 ん〜・・・難しい試合でした。それが印象の土曜日でした。


人気ブログランキングへ
| バスケの話(ファイブアローズと76ers) | 23:28 | comments(0) | - |