09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

タテジマに魅せられて

ときめいてシ〜ズン!勝とうぜ!阪神タイガース!!折れない心で前進しよう!お楽しみはこれからじゃ〜!!HANSHIN Tigers,It’s my life!!
<< 球数少なく | main | 現実逃避でも? >>
ARCHIVES

PROFILE

LINKS

現在の閲覧者数:

ジオターゲティング
OTHERS

大変だ!Dがいなくなっちゃった!!高松ファイブアローズ(バスケの話)
人気ブログランキングへ


 大きなサヨナラが突然やってきてしまいました。

 今年も会えると思っていたD(デクスター・ライオンズ選手)。浜松でハッピーバースデーを言えると楽しみにしていたD。何度も書くけど3月に羽田空港で「See you!」って笑顔でハイタッチしてくれたD。その飛行機の出発前に高松空港でこっちに気づいて手を振ってくれたD。とても優しい、そして闘志溢れる姿を沢山見せてくれたが家庭の事情で来れなくなっちゃいました。

 確かにお世辞にもバスケ先進国とは言えそうもない日本でのプレー。それも単身で来日することに家族の不安や反対は当然あったはず。その中にあって高松で2シーズンを戦ってくれたDことデクスター・ライオンズ選手には感謝の気持ちしかありません。

 この時期にチームの中心選手が抜けるわけです。チームの精神的柱でありトップスコアラーが抜けるんです。タイガースで言ったら鳥谷選手が抜けるようなもんですよ。もしも開幕2か月前に鳥谷選手が退団したらと思うと・・・・・そんな状態で今年の高松ファイブアローズは戦うことになりました。苦しいなんてもんじゃありません。

 数々の苦しさを乗り越えようとしているファイブアローズですが、まさかこういう苦難が待ち受けているとはねぇ。

 でもDの年俸を他に振りかえることもできると思うしかないことも事実。そんな中で獲得したのはジャスティン・ワッツという選手。PG、SG、SFの3つのポジションをこなす選手ということです。一昨年はオーストラリア、昨年はメキシコでプレーしていて得点力がある選手のようです。

 不安があるとすれば2年続けて出場試合数が少ないこと。18試合と17試合で昨年はリーグのポイントリーダーとのことなのですが、どこまで信用して良いものか・・・・・。

 ここ2年、高松はプレシーズンゲームの時点で外国人選手を入れ替えています。ってことで考えるとこの選手をカットすることは考えにくい。ドレでもBJパケットでもないことを考えると、Dの大学の後輩の選手がどうなんだろう?という不安がねぇ。モンゴルのリーグってどうなんですか?!

 話は戻って、このワッツ。なんと出身大学がUNC。UNCっすよ!UNC!!ノースカロライナ大学っすよ!凄いですねぇ。

 何が凄いって、この大学。学力も高くて有名なんですけど、UNCのバスケといえば誰がいたかって言えば、それはもうマイケル・ジョーダンもいたチームですよ!名門の中の名門じゃないですか!!ターヒールズじゃないですか?!マジでこの大学でプレーしていた選手が来るのか?と。

 他にも有名なOBを挙げれば、シクサーズファンとしてはジェリー・スタックハウスの名前も出ますし、ヘッドコーチとしてNBAファイナルに導いてくれたラリー・ブラウン先生もいたチーム。他のチームで活躍した選手を含めればもっと多くの選手を輩出しているすっげーチームなんです。そのチームに4年間所属したんでしょ?そりゃ基本はできてると思うわ。

 正直、Dがいなくなったことで何といって良いのか分りませんが、ワッツの出身大学で喜ぶくらいしかできないのも今の正直な気持ち。

 ワッツが大当たりでありますように。セルフィッシュな選手じゃありませんように。そしていつかDにお礼を言うことができますように。D、本当にありがとう。いつまでも忘れません。



人気ブログランキングへ
| バスケの話(ファイブアローズと76ers) | 22:07 | comments(0) | - |