10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

タテジマに魅せられて

ときめいてシ〜ズン!勝とうぜ!阪神タイガース!!折れない心で前進しよう!お楽しみはこれからじゃ〜!!HANSHIN Tigers,It’s my life!!
<< 確かに脱した | main | 今日も野球は2アウトから >>
ARCHIVES

PROFILE

LINKS

現在の閲覧者数:

ジオターゲティング
OTHERS

バントの駆け引き
人気ブログランキングへ


 岩田投手がナイスピッチング!後半戦のスタートを見事に切って見せた。中盤は連続して先頭打者を出したけど、終盤に持ち直して8イニングを100球少し。素晴らしい内容だった。

 そのナイスピッチングを呼んだのは間違いなく梅野選手。梅野選手の良いところの1つとして、サインを出した後に構えるのが早いこと。投手にしてみれば投げる的がはっきりしている分だけ投げやすいと思う。反対に藤井さんは投手がモーションに入ってから構えるタイプ。良しあしはあるだろうけどちょっと辛いかもしれないね。

 今日の試合で印象に残ったのはバッテリーの好投や梅野選手のタイムリーもそうだったんだけど、送りバントをめぐる駆け引きだった。

 得点にはつながらなかったけど序盤の2回に決めた岩田投手の送りバント。実はこのとき、読売のキャッチャー阿部がマウンドの澤村に向かって1回だけ「バスターもあるぞ。」というジェスチャーをしてるんだよね。だから振り遅れの打球を警戒したサードの村田のダッシュもほとんど無かったという場面。「今年のタイガースは動くぞ。」と思わせているんだったら、これはベンチの好采配だ。

 そして今度は得点につながった8回の上本の選手の送りバント。この場面は間違いなく送りバントの場面。実際、読売内野陣はかなりのダッシュをしてきている。

 でもここで結果的にファウルになったのか敢えてファウルにしたのかはわからないけどバスターを1回試みていることで読売守備陣が定位置に下がった。

 今季、ミートに徹している上本選手だけにバスターでも空振りの可能性は低いと思ったかもしれないけど、ここで結果的に送りバントを選択。そらそうだよな、内野が定位置だったら精神的にも楽になるわ。

 そして次の打者の大和選手のところでワイルドピッチ。見事に追加点を呼んできた。

 勝因はいくつかあったと思う。でもこの試合における送りバントの駆け引きは観ているこっちを存分に楽しませてくれた。なんか上手く言えないけど、野球の勉強になった試合だった。

 小さいことの積み重ね。こうして地道に積み重ねた試合をモノに出来たことはきっと大きなことだし、後半戦の初戦を勝ったことと同じくらい、大きな意味を持つ勝利だったんじゃないかと思う。



人気ブログランキングへ
| タテジマに想いを | 21:35 | comments(0) | - |