07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

タテジマに魅せられて

ときめいてシ〜ズン!勝とうぜ!阪神タイガース!!折れない心で前進しよう!お楽しみはこれからじゃ〜!!HANSHIN Tigers,It’s my life!!
<< 試合をやった | main | 総会でした >>
ARCHIVES

PROFILE

LINKS

現在の閲覧者数:

ジオターゲティング
OTHERS

代えるに代えられない
人気ブログランキングへ


 勝った・・・・・よく勝ったわ。

 岩崎投手が登板するも5回3失点。球数的に100球近いし、5回もランナー背負って抑えたことを考えると交代は仕方ない。やはりヨーイドンで3点のビハインドをチームに背負わせてしまったことは次回への反省材料。ただ3失点で踏ん張ったというのもある。

 そこから先はシーソーゲーム。流れがどっちに行くのか分らない試合となった。

 今日は攻撃的オーダーともいうべきライトに今成選手。結果としてそれが終盤に実ったってことでいいのかな?

 それにしても困ったのは中継ぎ陣。と申しますか、岩崎投手がもう1イニングいければここまで苦しむことも無かったのか?と思うと中継ぎばかりを責めるわけにはいかない。

 6回の加藤投手がビシッと抑えて7回の安藤投手に継投。ここねぇ、連打食らった時点で次から左打者が2人続く。では誰を代わりに出すのか?と言われると左腕では筒井投手となる。でも筒井投手は昨日炎上。こうなるとね、だったら誰を出せばよいのか?という思考にもなるわ。その中で恐らくは消去法的に安藤投手の続投。ん〜・・・・・岩崎投手、もう1イニングだったなぁ。

 ゴメス選手のホームランで逆転。逆転され返したところで満塁に強い感じの良太選手の走者一掃で再逆転。勝ち投手は安藤投手。ま、そういうことよ。

 最後の投手は呉昇桓投手。もうね、1点差で抑えてこそクローザーなわけですよ。そういうクローザーであってほしいところで難しい試合を〆てくれました。

 代えるに代えられない。そんな気がする中継ぎ陣ですが、こうした打線の援護があった試合を勝つことができたのは素晴らしいことです。

 勝ちパターンを任せることができるような若い中継ぎ、今年も出てこないかなぁ?


人気ブログランキングへ
| タテジマに想いを | 22:30 | comments(0) | - |