10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

タテジマに魅せられて

ときめいてシ〜ズン!勝とうぜ!阪神タイガース!!折れない心で前進しよう!お楽しみはこれからじゃ〜!!HANSHIN Tigers,It’s my life!!
<< 選手層を厚くするために | main | 17/27 >>
ARCHIVES

PROFILE

LINKS

現在の閲覧者数:

ジオターゲティング
OTHERS

2夜連続で柴田が来た!
人気ブログランキングへ


 昨日は主に野手の選手層についてふれたが、実際には投手陣も相当・・・・・ということなんだと思った。

 誰がどうこうというよりも例えばドラフトで指名した山本投手が出てこないとか、うちのドラ1は何やってんだ?ということよりも、全体の底があれって感じで。

 今日も延長に入った途端に苦しくなったのは否めない。ここのところ好投を続けていた二神、高宮の両投手だったがランナーためてドカンと行かれた。結果がどうこうと言いたくもなるが、先ずはこうした同点や僅差のビハインドで安心して出せる布陣を。なんていうか、期待して出しているんだけど投げさせてみなけりゃ・・・・・というのとは違うんだよな。

 ただ、この両投手云々よりも福原投手で同点になっちゃったのが痛かった。そういうことだろう。今日はストレートが悪く、アンダーソンから三振を奪ったのは良かったけどあの場面だって随分と苦しかった。ベテランの体力とか色々あると思うので仕方ないとしか言いようがない。よく頑張ってくれているだけにね。

 打つ方では得点が3点だったけど内容がある3点だったと思う。ゴメスシフトなんてものを敷かれたのだが、あれはあれで仕方ない。そんだけ警戒される打者だってことだ。これも適応していかないとね。

 キーとなるのは6番打者。良太選手に当たりが出なかったのも痛かったのだが、それをカバーしたのが鶴岡選手と柴田選手。特に同点から逆転につながった4回はお互いに渋くタイムリーを打ってくれた。

 両者に共通していたのは、逆らわずに打つということ。鶴岡選手は外の変化球を逆らわずにライトへ。柴田選手はセンター返しというように、無理な打ち方をせずに結果を出した。

 鶴岡選手はスタメンマスクをかぶることが増えているし、柴田選手は毎年出場機会を得ながらも定着できないことが続いている。良い意味での疲労を感じているだろうけど、ここで居場所をしっかりつかめば帰ってくるべき選手が帰ってきてもそう易々と居場所をお返しすることにもならないはず。

 柴田選手も若手という枠で括られるような年齢やキャリアでもないだろうし、鶴岡選手はベテラン枠。どちらも将来の伸びしろなどと言われることはもう無いだろうから、ここで存在を示さなけりゃという必死さも見せている。

 若い選手や同年代の選手との競い合いがこの両選手を更に良くしていると思うのだが、それは野手だけではなく投手陣も。高宮投手は移籍2年目、元ドラ1の二神投手は1軍定着初年となるかどうかということで両投手とも正念場のはず。今までのありがたくない評判を今年覆さなければ!という立場。満員の甲子園で読売戦。この場面で活躍するためにタイガースに入ってきたんだという内容を是非!



人気ブログランキングへ
| タテジマに想いを | 23:15 | comments(0) | - |