05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

タテジマに魅せられて

ときめいてシ〜ズン!勝とうぜ!阪神タイガース!!折れない心で前進しよう!お楽しみはこれからじゃ〜!!HANSHIN Tigers,It’s my life!!
<< 選出 | main | 中止ですか。。。 >>
ARCHIVES

PROFILE

LINKS

現在の閲覧者数:

ジオターゲティング
OTHERS

少しずつの誤差
人気ブログランキングへ



 今成選手を外野で起用するリスクのようなものが出てしまった試合だった。あの1点を防げていれば・・・・・というところだ。ランナーはスタートしていたので仕方ない。でも落下点に入るまでの動作や、スライディングキャッチを試みるかの判断という点でリスクはあったということだ。

 打席での能見投手に野手陣はヒントを感じているかもしれない。それは実にシンプルで、来た球で打てそうだったら躊躇せずに打つというもの。これで先制点を挙げているので結果も出ている。今日の最終となった打席でも実に10球投げさせている。野手も能見投手に見習うことは多そうだ。

 試合を苦しくしたのは福原投手だった。延長に入ったことを考えれば福原投手、加藤投手、筒井投手で12回まで、そして連投が続いていた渡辺投手は休ませたい。そう思っていたとしても不思議じゃない。ただ、内容的に(今日も素晴らしい内容の)加藤投手を出させてしまい、そこから1人ずつ出番が早くなってしまった。これが勿体無い。

 連投の渡辺投手は苦しいことが多いのではないか。それを考えたら当たっている読売:中井にも筒井投手続投という選択肢もあった。投手が変わればタイミングも変わるので。ただこの場面は続投も継投もどっちもアリだったと思う。

 欲を言えば、打席が回って来なかったはずの安藤投手にもう1イニング投げさせたかったが6連戦の頭をということを考えれば1イニングもやむを得ない選択。こうしたことから福原投手の内容が悔やまれるところだ。

 さて、明日は藤浪投手登場。甲子園伝説の継続なるか?!というところに注目が集まるかもしれないけど、それより先ずは先制することが本当に重要。先制することで今日の悔しい負けも受け止め方が変わる。

 悔しい負けではあったけど、押し出しという点はせめてもの救い。タイムリーでやられたわけじゃないんだから。

 悔しさは悔しさとして受け止めて、切り替えるところはしっかり切り替えて明日は1からもういっちょ!ってことだ。


人気ブログランキングへ
| タテジマに想いを | 22:58 | comments(0) | - |