09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

タテジマに魅せられて

ときめいてシ〜ズン!勝とうぜ!阪神タイガース!!折れない心で前進しよう!お楽しみはこれからじゃ〜!!HANSHIN Tigers,It’s my life!!
<< 最終回だけ | main | 安心 >>
ARCHIVES

PROFILE

LINKS

現在の閲覧者数:

ジオターゲティング
OTHERS

エースだよねぇ
人気ブログランキングへ



 各新聞社のサイトでGMとやらのコメントが踊りまくっているが、前後のコメントまでは書かれていないので何とも言えん。。。。。主だったところとしては外国人選手を獲得しなおすとか、4番打者がいないとか、ファームを充実させるとか、山田勝っちゃんがコーチで帰ってくるとか・・・・・今の時期は黙っておけばいいのに。

 一部に頷ける部分もあるけど、「はぁ?」というものもあり、それよりも主力選手のFA流出を防ぐのがアンタの先ず最初の仕事じゃないかと。

 さて、そんなことより目の前の試合が大事。今日嬉しかったのは投げる方では能見投手、打つほうでは狩野選手かな。個人的に大きかったと思っているのは9回の平野選手のヒットだったりするのだが。

 能見投手の前回登板は甲子園で観ていた。あの橘高がノムケン監督を退場にした試合だ。あのシーンばかりが取り沙汰されるが、能見投手がカープ打線を抑えていたことは事実である。あの試合では、ライトスタンドから見た限りではしっかりと低めやコーナーに投げることが出来ているように見えた。少なくとも高さくらいは分かるからね。

 腕が振れているといえばそうなんだけど、ストレートが走っているからフォークも活きてくる。以前は時折スリークウォーター気味にも投げていたけど、今はそれをしなくても腕さえしっかり振れば抑えていける。この調子があれば・・・・・という内容だった。高めに変化球が浮かなけりゃ行けるんだもんな。ナイスピッチングだった。

 野手では狩野選手。ヒットも打ったけど守備でもファインプレー。故障さえしなけりゃもっと出てこれた選手だもんなぁ。脚が速くてバッティングもいい。主戦捕手だった年はセカンドへの送球が上手いこと行ってなかったイメージがあって、盗塁阻止率とかもそれほど良くなかったような(あくまでも)印象があって、城島選手加入でそのポジションを失ってしまったけど、捕手狩野を俺は嫌いではなかった。リードが安定すればスローイングも改善されるんじゃないか?なんて理由もないけど思っていたから。

 そしてそのころの狩野選手がマスクを被っていた時期に一気に頭角を現してきたのが能見投手だったんで、この試合の2人の活躍が懐かしさっていうか、そういうのもあって嬉しかった。

 決勝点はセーフティースクイズ。俊介選手が上手く回りこんだけど、転がった場所も良かった。左投手の雄大相手に1塁側へ。雄大にしてみれば逆シングルで捕球してグラブトスしなけりゃならないのは難しかっただろう。その送球が上手いこと行かなかったことが幸いしたんだから。

 なんとかナゴドで1勝。能見投手が何度も「勝利を届けることが出来てよかった。」と語っていたように、本当に観ているこっちも良かったとおもう。

 あんまりナゴドで勝てないんで、ビジターチームのヒーローインタビューが球場内でも聞こえるようになっていたことすら知らなかったよ。



人気ブログランキングへ
| タテジマに想いを | 23:14 | comments(0) | - |