12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

タテジマに魅せられて

ときめいてシ〜ズン!勝とうぜ!阪神タイガース!!折れない心で前進しよう!お楽しみはこれからじゃ〜!!HANSHIN Tigers,It’s my life!!
<< なんでもいいよ〜 | main | よく打った >>
ARCHIVES

PROFILE

LINKS

現在の閲覧者数:

ジオターゲティング
OTHERS

過程と結果
人気ブログランキングへ


 株主総会が荒れた。もうね、毎度のことなんだけど。それも阪神タイガースの株主総会じゃなくて阪神電鉄の総会なのだが言わずにはいられないと。

 これねぇ、株主の手前、言わなきゃならないだろうけど1つ間違えば背広組の現場介入にも取られるんで実にデリケートなのよ。

 報道でしか様子を伺えないのだが、集団心理もあるし難しいねぇ。個人的にはオーナーとか球団社長には安易な返事をしてもらいたくないし、誰かを悪者にしてほしくはない。少なくとも現場を悪者にするようなコメントは最悪だと思っている。心の中でどう思っていようが現場を悪者にしてはいけないと思う。増してや今年の場合はね。

 だからオーナーの「若手育成せなアカン。」(サンスポ)とか、球団社長の「各ポジションがベテラン中心に固定されていて、若手にチャンスは回ってきませんでしたが、これから回ってきます。」(スポニチ)には凄く変な感じを受けた。だってこれが現場の指揮や起用に関する内容だったら約束できる立場じゃないでしょ?あくまでもスカウティングとかそういった面でのコメントと捉えたいのだが、その場しのぎにも思えて軽すぎる気がしてなんか凄く嫌だった。

 1つ言えるのはフロントはチームを弱くしようとして補強している訳ではないし、現場も負けようとして戦っているわけではないと言うことだ。ただ結果が伴わなければその結果に応じた責任を取るということ。その点では確かに勝てる材料を与えていない責任はフロントにあるかもしれない。簡単に誰かを悪者にするためにスケープゴートを作るのは止めた方がいい。

 そういうわけで簡単に現場、つまり安易にベンチを悪く言うのが俺は嫌い。会社組織で働いている方ならお分かりかと思うが、その組織が上手くいっていないときに悪い部署が1箇所だけなんて事はむしろ少ないんじゃないかと思う。それ以外に悪い部署や経営陣がいて、その結果がある部署で噴出してきたなんてことはいくらでもある。だから今のタイガースの調子が出ないのは何故かと言うのをトコトン考えて共有して解決に当たることがとても重要。

 そして総会ではある方の発言で「そう思いますよね?そうですよね?!」という同意を求める場面もあったようだが、そういうのは他に同意を求めるんじゃなくて一人称で語ればそれでよろしい。自分の意見として堂々と言えばいいんだから他を巻き込む必要は無い。逆に他を巻き込むことで説得力が失せるわ。これでは数の何チャラなだけだ。

 でも1つ言える事実としては、過程が結果につながっていない。それは現場だけの責任ではない。オーナーや球団社長以下、全員で取り組むもの。危機感を持って取り組まなけりゃいけないもの。

 そんな総会の中で心から同意できたことが1つある。それは「いま弱くても結構なので、5年、10年先、将来的に強いタイガースをつくってほしい」(スポニチ)という出席者のコメント。強くなるための弱さ。産みの苦しみだったら我慢できる。だから夢を見せて欲しい。それは俺も持っている願い。だってプロ野球は見ている人に夢を与えることが出来るスポーツだから。阪神勝ったから明日も仕事頑張ろう!って思えるチームだから。

 明日からは千葉で試合。もうね、9回に9点くらい獲って勝とうや!!そんな気持ちで思い切り応援している。



人気ブログランキングへ
| タテジマに想いを | 23:42 | comments(0) | - |