09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

タテジマに魅せられて

ときめいてシ〜ズン!勝とうぜ!阪神タイガース!!折れない心で前進しよう!お楽しみはこれからじゃ〜!!HANSHIN Tigers,It’s my life!!
<< 甲子園に神降臨 | main | こういう時期もあるわ >>
ARCHIVES

PROFILE

LINKS

現在の閲覧者数:

ジオターゲティング
OTHERS

こういう試合もあるわ
人気ブログランキングへ


 こういう試合ばかりやん!!そんな声も聞こえてきそうですが。

 そしてマートン選手の守備を巡っては冗談だかなんだかわからないような発言も飛び出している。本人のTwitterを見て何となく意味を理解しているけど、報道陣に対する不信もあるような感じが見て取れる。通訳が「冗談ですよ。」と言っても、報道陣の中には当然英語を理解できる人もいるわけで、日本的には「言う方が悪い。」となるだろう。とにかく今年はストライクゾーンにイラつきを見せているマートン選手。シーズンが開幕して2ヶ月以上を経過しているので慣れて欲しいのだが、確かに今年は広いわな。そして審判によって差があるようにも見えている。ま、あんまり鵜呑みにしないように。

 で、そのマートン選手の守備だが、確かに前進守備で正面に飛んでいる打球で、タイミング的にはアウトに出来る当たりに見えた。相手も次の打者が投手だし、そういう意味では送球が逸れることも想定に入れながら回すわ。それが失点になってしまったと。これも2アウトからの失点なので勿体無かったな。

 能見投手の出来とすれば今日はランナーを背負いすぎ。相手も能見投手に慣れているのかもしれない。今年の苦戦はそんなところからも感じている。

 持ち球はストレートとチェンジアップとフォークだろうけど、そろそろ実戦で使える球種を増やしたい時期。七色の変化球とまで行かなくてもね。

 能見投手といえば、時折サイドスローに近い位置から投げていたけど最近は見せていない。見せなくても勝負できるだけの投手になってきたということだが、そろそろ引き出しを再び開けるころなのかもしれないね。球の出所が変わることから投げ方が2つ出来るなら球種だって倍になる感覚だろうから。

 とにかくチームに不協和音が流れるのは良くないこと。勝つことが一番の特効薬だろうけど、こういう報道がされると余計なことまで気にしなけりゃならない。ケアをしっかりして次の試合に引き摺らないようにして欲しいものだ。



人気ブログランキングへ
| タテジマに想いを | 00:06 | comments(0) | - |