06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

タテジマに魅せられて

ときめいてシ〜ズン!勝とうぜ!阪神タイガース!!折れない心で前進しよう!お楽しみはこれからじゃ〜!!HANSHIN Tigers,It’s my life!!
<< 誰も責めるな | main | 救うのは4番 >>
ARCHIVES

PROFILE

LINKS

現在の閲覧者数:

ジオターゲティング
OTHERS

なにも語らなくてもいいかもしれない試合
人気ブログランキングへ



 こんな表題を付けておいて書くのも変な話だが、感じたことをちょっと記してみようと思う。

 とにかく不調だった打線で2得点。タイムリーヒットで得点できたんだから底は脱しかけていると思いたい。それも打ったのが新井さんとブラゼル選手なんで。

 今日のブラゼル選手はとにかくよく振ったと思う。上手くいえないんだけど振ることで怖さを与える選手なんだから、それが左方向への打球であっても当てに行くんじゃなくて振り切る怖さ。それも無暗にではなく狙って振る姿はこれからも失って欲しくない。

 もう1人の新井さん。欲を言えば8回の場面でタイムリーが欲しかった。あの8回の三振はコケたなぁ。ってか笑っちゃった。

 見逃し三振だったら手が出ないか本人がボールと思ったかなんだと思うけど、この打席の新井さんは初球と最後のボールからボールになるスライダーみたいのに手を出しまくって三振。あんだけハッキリしたボールを打てると思って手を出したんだろうから、そりゃ不調にも見えるわ。

 でも延長10回のタイムリーのときも初球から振りには行ってるんで、初球の甘い球を見逃して難しい球に手を出すのは見られなかったのも何かの気配と思っていいのだろうか?

 それにしても榎田投手と球児投手で失点したら仕方ない。筒井投手が今夜も圧巻の投球を見せてくれ、きっともう1つ上のステージに行けそうなところを見せてくれたのは中継ぎ事情を考えても大きな収穫だ。

 そしてスタンリッジ投手も夜の試合は別人に。昨日の久保投手といい、今夜のスタンリッジ投手といい、試合は勝てなかったのだが昨年までのナゴドの試合と違う印象を俺には持たせてくれた。そりゃ同じような重い試合だけど、何かが違うようなね。

 現時点でタイガースは貯金1の3位。今はまだ順位を気にするときじゃないけど、ドラゴンズとはチーム防御率にして0.5点の差がある。チーム得点、チーム本塁打は今日時点では同じ。チーム打率は1分チョットの違い。ってことは比べるとすれば防御率かなぁ?この差を縮める方法が見つかればいいね。

 金本選手の守備固めといえば俊介選手が入ることが多い。ここまで打撃に復調を見せる金本選手であるが早めにベンチに下がることも多く、俊介選手も打席に立つことが多くなる。それも6番とか5番で。そうなると俊介選手の打撃に比重が重くなる場面も多くなるはず。ここも1つの正念場であり課題。でもこれは俊介選手にクリアして欲しい課題。

 捕手では小宮山選手。今日の球児投手を観たらストレートだったかなぁ?フォークをヒットにされて、フォーク(スライダー?)でタイムリー。これは勉強だろうね。

 明日は安藤投手が登板。何年前だったかなぁ?確か1シーズン、ナゴドで全敗にリーチがかかった試合で安藤投手が先発して1−0かなんかで勝ったんだよな。あのときもチームは苦しかった。そこを救ってくれた安藤投手なので、明日の投球にも大いに期待して応援したいと思う。



人気ブログランキングへ
| タテジマに想いを | 23:34 | comments(0) | - |