03
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

タテジマに魅せられて

ときめいてシ〜ズン!勝とうぜ!阪神タイガース!!折れない心で前進しよう!お楽しみはこれからじゃ〜!!HANSHIN Tigers,It’s my life!!
<< だって塁に出ないんだも〜ん | main | 悔しいのは誰? >>
ARCHIVES

PROFILE

LINKS

現在の閲覧者数:

ジオターゲティング
OTHERS

安藤!あんど〜!アンドォォォォォ!!
人気ブログランキングへ


 感動配達人の安藤投手が先発。お立ち台とは行かなかったが、勝ち投手になった。おめでとう!

 逆転された5回までで降板してもおかしくなかったのだが、ここで6回も行かせるのが和田采配。これ、信頼の証。そうなると選手も燃えるわなぁ。

 今日の試合のポイントとして俺は2つ考えていて、1つ目は先制された場面であるがバレンティンを犠牲フライで済ませたこと。あれが連打になっていたがヤバかったのだが、犠牲フライの1失点で、いやいや、本当に犠牲フライで済ませたことが流れを相手に渡しきらなかった証拠でしょう。

 2つ目はスワローズの走塁を止めたこと。コミーの安定感抜群の送球で俊足上田を刺しちゃったんですよ奥さん!!あの送球は凄いわ。捕ってからの速さだけじゃなくてコントロールもな!あれで走塁を封じたわなぁ。

 走塁を封じたのはそれだけじゃなくて、9回にも俊足代走の比屋根を牽制で刺す。あれは球児投手の判断なのか、コミーとのサインプレーなのか知らないが、相当なファインプレー。この比屋根、昨日はコミーの送球で盗塁失敗。こうなるとスワローズ全体にタイガース戦での走塁イップスとまでは行かなくても意識させられるものがあるのではないか。守備だって充分な攻撃になることを知った場面であり、試合の流れを決めた場面でもある。

 打つほうではマートン選手に当たりが出ている。当然、それだけじゃなくてその場面までに働く選手がいるからこそ。チーム全体で戦っている様子が伺い知れて嬉しくなる。

 試合後の勝利監督インタビューでも和田監督の負けん気炸裂中。様々な「う〜ん。」から解き放たれるコメントは結構面白い。

 それにしても筒井投手が甲子園のお立ち台が初めてとは思わなかった。今年はオープン戦から好調をキープ。これで7回を任せられる投手になってくれれば後半の投手起用が凄く安定する。お立ち台では「信用して使ってもらっている。」と発言。監督からの信用は何物にも替えがたいモチベーションなんだろう。

 テレビの実況では、タイガース好調の要因を安藤効果とか言ってたけど、チームに勇気を与えたのは神宮での復活劇とも思える。1人の選手の存在でチームは変わる。そしてきっと安藤投手の復活をチームだって待っていたんだと思う。その嬉しさと与えられた感動の恩返しだな。

 明日からは遠征で戦う。先ずはカードの初戦を獲ろう。頑張れ!阪神!勝とうぜ!タイガース!!


 さぁ、明日から力を振り絞って戦ってこよう!!


人気ブログランキングへ
| タテジマに想いを | 23:12 | comments(0) | - |