04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

タテジマに魅せられて

ときめいてシ〜ズン!勝とうぜ!阪神タイガース!!折れない心で前進しよう!お楽しみはこれからじゃ〜!!HANSHIN Tigers,It’s my life!!
<< やるしかないわ | main | 走塁一発 >>
ARCHIVES

PROFILE

LINKS

現在の閲覧者数:

ジオターゲティング
OTHERS

人事異動なんかの話 【最後の方だけ阪神ネタ】
人気ブログランキングへ


 この時期は職場の人事異動が発表される。うちの職場も発表された。で、俺は異動なし。そりゃそうだ、子供が生後3ヶ月半、この時期に異動なんてことになったら子供の世話が出来ない。

 異動で思うのは、若い頃は自分の目指す姿や行きたい職場への気持ちが強く、異動後のことなんて考えずに希望していたってこと。
俺は他社に派遣されたこともあり、それ以外にも様々に異動した経験がある。そりゃ年齢考えれば当たり前。前述のとおり、なりたい自分や思うように行かない職場もあり、異動を希望した、そして異動した。

 でもね、この歳、この役職で思うんだけど、今いる職場に残って踏ん張って職場を変える、自分を変えることがどれだけしんどいけど大切なことか。異動するばかりがステップアップじゃないんだよね。当社の若い職員にはこのことを是非分かってほしい。そういう意味で、今の職場は上司の理解もあって俺が中心とならせてもらって作ることが出来た職場。だから在課4年目も素直に喜べる。そして転入で当担当に配属される4年目の職員に言いたいことは「大丈夫、心配するな。」のひとこと。

 なぜ「大丈夫、心配するな。」と言えるのか?それは俺が3年かけて、過去の悪しき結果の解消や関連団体との関係構築、そういったことを積み上げてきて、そして学術機関で様々に学ばせていただき職場に反映し、その取組みを周りの皆を巻き込んで続けてきた自負があるから。自分たちが作った職場に自信を持てる職員って一体どれくらいいるのかね?俺が所属する担当は、俺が入社以来勤務させてもらった中では最高傑作だ。これが出来たことは奇跡的なことじゃないかと思っている。

 でもうちの職場はこれで終わらんわ。転入職員を含め、平成23年度を超える平成24年度にする。これは断言できるし自信もある。うちの職場で勤務する社員の表情が違うわ。

 俺がこのまま定年までいるなんてことはありえない。だから今年のテーマは後継者育成。若い人や中堅職員にこの職場作りのノウハウを伝えたいと思っている。

 さて、それはタイガースにもいえることで、逃げ出したくても、プロの厳しさに負けそうになってもここで踏ん張っている選手はたくさんいるのだ。そのなかで育成枠ではあるけど阪口選手がファームの試合で結果を出して頑張っている。こういう姿は俺が仕事をしていく上でも大いに刺激的。若い選手が厳しい環境下で頑張っているんだから、嫌だったら他に行くなんてことが出来ない状況下で頑張っているんだから、こっちも弱音吐いてる場合じゃないわ。明るい表情で仕事してたら悪いことの方から避けてるような感じになるもんな。

 そんなわけで、阪口選手の活躍にはお礼を言いたい気分になっている。だからお礼を書いてみる。

 阪口選手、ありがとう。もっともっと練習して成長して、支配下登録されて1軍の試合で応援できる日を心から待っています。


人気ブログランキングへ

| タテジマに想いを | 23:51 | comments(0) | - |