05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

タテジマに魅せられて

ときめいてシ〜ズン!勝とうぜ!阪神タイガース!!折れない心で前進しよう!お楽しみはこれからじゃ〜!!HANSHIN Tigers,It’s my life!!
<< 休んでます | main | 人的補償で >>
ARCHIVES

PROFILE

LINKS

現在の閲覧者数:

ジオターゲティング
OTHERS

道具だけの話ではなく
人気ブログランキングへ


 球児投手が鳴尾浜の道具小屋の様子を見て苦言を呈している。

 鳴尾浜、それはタイガースのファーム関連施設が多くあるところなのだが、ベテラン選手だっている・・・・・のは好ましくないのだが仕方ない。そんななかでこれからのタイガースで活躍して欲しい選手が片づけを出来ていないと。

 確かにプロ入り前は高校であろうが大学であろうが最上級生だったわけで道具の片付けはあんまりせんだろうと思う。

 そしてプロに入れば多くの裏方さんがいて周りをサポートしてくれている。こうした中で片付けという基本は軽んじられてしまうと思う。

 道具をきれいに片付けるのは簡単なようで習慣付けるのが難しいもの。自分の部屋を見てみれば分かるように散らかすのは簡単、片付けるのは大変なことだ。

 こうした中で自分がやっていた部活を思い出せば、確かに片付けをやっていたのは下級生だった。でも下級生だけだと上手くできないので上級生である俺も当時は片付けていたなぁ。こうした姿勢というのは不思議なもので、誰かが見ているものでもある。

 それがどんなときに活かされるかっていうと、例えばA選手B選手のどちらを起用するか迷ったときなんかじゃないかと思う。もしもB選手の方が日頃の片付けとかしっかり取り組んでいるんだったら心情的にも起用する方向になるんじゃないかと思う。

 もちろんこれはエコ贔屓ではなく実力があってのものだが、それはもう仕方ない心情だと思うのだ。つまりチャンスを与えられるってこと。ゴマを擦るんじゃなくて日頃の姿勢への評価ってことだと思うのだ。

 それと必ず言われるのは道具とか環境への感謝。野球の神様がいるとかいないとかではなく、野球に取り組む心構えが反映される部分なんだろう。

 自分が練習した場所だからこそ、自分が今でも自主トレに来るほどの場所だからこそ、そしていつかはいなくなる自分が阪神タイガースへの思いを持っているからこその球児投手の苦言である。今のタイガースでは球児投手ほどの発言力と説得力のある選手も少ない。

 こうしたことを言われるのもいけないし、言わせるのもいけない。ただ言われてしまった以上はしっかりと“自主的に”片付けて欲しい。それが次への姿勢というものだろう。


人気ブログランキングへ
| タテジマに想いを | 22:33 | comments(0) | - |