05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

タテジマに魅せられて

ときめいてシ〜ズン!勝とうぜ!阪神タイガース!!折れない心で前進しよう!お楽しみはこれからじゃ〜!!HANSHIN Tigers,It’s my life!!
<< ヒリヒリ | main | 笑顔奪還大作戦 2010秋の陣 >>
ARCHIVES

PROFILE

LINKS

現在の閲覧者数:

ジオターゲティング
OTHERS

ベテラン“力”
人気ブログランキングへ


 投手戦。結果的にそういった形に持ち込んでしまったのはタイガースかもしれない。

 チャンスは何度かあった。その場面においてベンチ指示が送りバント。この場面でことごとく平野選手に回っていて、3回の失敗を重ねてしまった。結果的に打率も下げることになり、8回のときなんて逆にヒッティング指示でもいいんじゃないか?と思ったくらいだ。

 以前、関本選手が1試合で4バントを決めたシーンがあったが、決め手当たり前というプレッシャーの中で決めることの大変さを改めて感じた場面だった。

 マートン選手の打棒には休憩という言葉がない。こうして何度でもチャンスを作り続けてくれる選手がいることが嬉しい。

 能見投手、お立ち台の言葉にもあったがイニングの先頭打者をしっかり抑えることが出来たのは大きかった。時折つかまりかかるのだが、しっかり踏ん張ることが出来た。ストレートもしっかり切れているのでこういうときは捕まえにくいって事だろう。腕もしっかり振れていたしね。

 6連戦の最初を投げて、中4日で最後も投げることが予想されているけど、とにかく大事なのは今日。次のことなんか考えてたら今日も勝てなくなってしまう。今日の勝利に全力で。今日のような投球を次も見せてくれると嬉しいなって思う。

 それにしても凄いのはうちの代打の神様だ。いや、そのまえの金本選手も凄いのだ。右中間を破ろうかというヒット。状態がよければフェン直かスタンドインかもしれないが、ヒットとなった後の走塁はナイスラン。ここでスコアリングポジションに1人で達することが出来たのが大きかった。

 俊介選手のセンターフライ。ここで代走の上本選手が進塁。その次の初球打ちの桧山さんが神だった。

 それまで落ちて行く変化球でゴンザレスの前に体勢やらタイミングを崩されていたのだが、すんなり入ってきたインコースのストレートを何の迷いもなく相変わらずの美しいスイングで振りぬいた当たりがライト前で弾む。この初球に対して迷いのないところが凄かったと思うのだ。追い込まれてからでは相手が有利になる。だったらその前にやってしまう。むやみに初球を狙う無謀なものではなく、しっかりと準備が出来た上でのヒットではないだろうか?とにかく2人のベテランの力がスコアボードに初得点を刻んだ。

 8回表。当然のように久保田投手が上がる。この投球も凄まじかった。厄介で怖い読売の2番から4番を相手にバッティングをさせなかった。

 終盤に先制したその次の守備。ここでしかも相手は上位打線。3番4番には一発だってある。その選手たちに対して投じたストレートの威力はテレビ画面越しでも充分に伝わってきた。

 先週の東京ヤクルト戦で8回から球児投手が登板。それを見た久保田投手・・・・・確かこれは新聞紙で呼んだと記憶しているが・・・・・「球児を出させてしまったのは自分が信用を充分得ていないから・・・」というコメントを読んだのだが、球児投手に楽をさせるために、そしてチームのためにも自分がしっかりしなくてはという自覚と矜持がしっかりと現れたナイスピッチングを超えたナイスピッチングであった。

 最終回、マウンド上の球児投手はやはり万全とは行かないのだろう。正直、俺には久保田投手のストレートのほうが今日に関しては良さそうに見えたくらいだ。ピンチを招くがここでも相手に簡単にバントさせない速球が生きた。

 しかしバスターで打たれた打球がセンター前に抜けようかという瞬間、まるで画面の外から飛び込んできたかのような平野選手のスーパープレーが炸裂。このプレー、捕ったことも凄いのだが、併殺を完成させたことも非常に凄い。鳥谷選手がとても慎重に1塁に送球していたのが印象的だったが、バントミスを取り返す平野選手の好プレーに拍手せずにはいられない。

 最後の打者の脇谷も粘る。ここで執拗なまでにストレートを続けるバッテリー。3塁上にはランナーが残っている。下手に転がされて内野安打になるリスクだってある。最善の結果は三振。その中でのストレート連発はファールにされても脇谷の頭と体からフォークを抜く作業だったのではないか。

 そして最後はフォークボールでゲームセット。ちょっと長い最終回だったけど試合をしっかり終わらせることが出来た。

 まだ1つ勝っただけ。でも勢いをつけ、明日に気持ちと緊張感を心地よい状態で持続させるには最高の試合だったと思う。ましてや読売に対し強いと言われる能見投手を強いまま次に向かわせることが出来たことが大きいのだ。

 先ずは1つ獲った。勝負どころで打たれてしまう本塁打厳禁。そしてお立ち台での「明日も勝つ!」も厳禁。そして次も1つ獲れるようにしっかり戦おう。お楽しみはこれからだ!!


人気ブログランキングへ
| タテジマに想いを | 19:39 | comments(0) | - |