08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

タテジマに魅せられて

ときめいてシ〜ズン!勝とうぜ!阪神タイガース!!折れない心で前進しよう!お楽しみはこれからじゃ〜!!HANSHIN Tigers,It’s my life!!
<< 難しさの中に | main | ヒリヒリ >>
ARCHIVES

PROFILE

LINKS

現在の閲覧者数:

ジオターゲティング
OTHERS

凄み復肩
人気ブログランキングへ

 なんていうか、マートン選手のシーズンヒット数が伝説のミスタータイガースの藤村さんの数字を抜いたとか言われていて、でも俺は藤村さんのプレーを生で観たことがないのでなんと表現してよいのか分からないのだが、マートン選手には最近特に凄みが出てきたのではないかと思っている。

 今日の相手の加賀が今日も好投。勝ち星と防御率が比例していないのだが、加賀の好投には本当に手を焼いた。

 7回裏に遂に先制を許す。それまでの投球を見ればこのまま逃げ切られる・・・・・そんな最悪のシナリオだって実現してしまいそうだった。1人の選手を除いては。

 タイミングが合わないチームメイトを尻目に8回の打席まで全打席出塁。これがジワジワと効いていたんだと思う。先制された直後の攻撃がマートン選手から始まったのは偶然ではなく、マートン選手がそれまでに諦めずに蒔きつづけた種が遂に発芽したのだ。

 その1本のヒットがどれだけ加賀にダメージを与えたか知ることは出来ないが、少なくともタイガースにとってはこれが最後のチャンスで、これをモノにしなければ今日の勝利は無いと感じさせたことは事実であると思うし、それを活かすべく一丸となっての攻撃へとつながった。

 途中、なんか微妙に浅井選手の使い方が勿体無かったりしたのだが、好投してくれた久保投手の勝ちを今日こそは消すことがないように普通に投手リレーをした中で登板した久保田投手が見事な投球を見せた。

 上がったり下がったりしながら、それでも確実に状態を上げているのが久保田投手である。今日の投球は迫力も重さも充分なものであり、井出を三振に切って獲ったあとは厄介な内川や石川を抑えて見せた。ストレートの重さも言うことなし。この重さがあるからこその久保田投手であり、体重を乗せたボールを投げているときは少々芯を喰らってもそうそう飛ぶものでもないのである。

 この3連戦、日曜日の秋山投手の好投を勢いにつなげるはずの戦いだったが思うようにはならず、得たものよりも失ったものの方が多い3連戦だったかもしれない。

 2カード続けて現時点でBクラスのチームに負け越した。優勝争いからは一歩も二歩も後退している。でも脱落したわけではない。可能性は残しているのだ。

 どうやらどん底は脱したと見ても良さそうだ。先発陣を始めとする投手陣の安定。これを取り返したときに復権を成すことが出来る。それを早くやらなけりゃいけない。

 今日はマートン選手が継続した力を。坂選手がヒットを放ち存在を主張、少し球際にも強いところを見せた。そして久保田投手が凄みを復肩。数年間であったがJFKを張った実力は嘘ではない。彼の復権こそがチームを更に加速させるのである。


人気ブログランキングへ
| タテジマに想いを | 23:30 | comments(0) | - |