11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

タテジマに魅せられて

ときめいてシ〜ズン!勝とうぜ!阪神タイガース!!折れない心で前進しよう!お楽しみはこれからじゃ〜!!HANSHIN Tigers,It’s my life!!
<< 能見投手の勝ちを消す。 | main | なんというか >>
ARCHIVES

PROFILE

LINKS

現在の閲覧者数:

ジオターゲティング
OTHERS

流れは動くよどこまでも
人気ブログランキングへ

 それにしても恐ろしいくらい動きまくった試合である。この日は36段の160番付近だったので、打球の伸びなどが実に分かりやすかった。

 序盤にいきなりの送球ミスが重なり、神様のような投球を見せていた能見投手の足を味方が引っ張った。

 それでも最少失点に抑えるんだから、能見投手の“東西ガス屋OB対決”に賭ける意気込みと自身は相当のものだったと推測できる。

 お互いのミスでお互いが得点(失点)。こうなると試合は動き出してしまう。寝た子を起こすというやつだ。

 そんな中、やっぱり勝負強い城島選手がホームラン。現地観戦の感覚ではこれで試合を決めたと思った。実際にこれでブラゼル選手がベンチに引っ込んだのである。ま、少々早すぎやしないか?と思ったのだが。

 その前に能見投手の途中交代。あれはコーチがおそらく腕を回しながらストップをかけるという野手用の指示を出したんじゃないかと思うのだが、投手にはシンプルにやってやらにゃぁな。それか突っ込ませてアウトにしてあげるとか。

 走塁面では3連続ヒットで帰ってこれない場面も終盤にあり、なんでそこで打球が抜けるまで待つんですか?と狩野選手に問いたくなったな。

 これで落ち着いたかと思ったら西村投手がボッコボコにされて降板。1発は仕方ないが連発はイカン。どこかで止めなきゃな。

 これでまた試合が動き出す。こうなると1点リードなんて屁みたいなもの。獲られても獲り返されそうな気がするし、獲ってもそれはそれで獲り返されそうな気がする。そこで久保田投手が出てくるのだが、周りの観客席はすでに雰囲気が出来上がっているもんだからある意味先に劇場が始まっていたww

 右中間に上がったフライをマートン選手が一旦はグラブに入れながら落球。こりゃいかん。で、暴投など。。。。。でもこれはキャッチャーが止めてあげなきゃ可愛そうな気もするが。少なくともこの夜は久保田投手よりも前日のヒーロー、西村投手のほうが失点が多かったのを忘れているのだろうか?その辺は久保田投手がかわいそうである。 

 読売は山口を投入。あっちだって信頼できる中継ぎが少ないんだから困っているのである。

 この山口に気持ちよく抑えさせては今後が厄介。先発と中継ぎの行ったり来たりがそんなに簡単なものじゃないことを改めて叩き込む必要アリ。

 ここで新井さんがどデカイホームランをレフトの一番深いところにお見舞い。いやいやぁ、これはでかかったねぇ。すごい当たりだよ。

 8回は久保田投手続投。1イニング目に荒れた場合は2イニング目は愛想無しという内容を比較的見せる投手だが、この日も7回なんてなかったかのように抑えて終わり。ジキルとハイドのようだ。

 あっちもそういうわけで山口続投。こっちは右の代打で矢野さん・・・・・と思ったのだが、捕手を1人は残しておきたいので関本美化委員長が箒をバットに持ち替えて登場。そして男のひと掃き・・・・・一振りがこれでもライナーで伸びまくってスタンドへ。もうね、狂喜乱舞ってやつですよ。

 動きまくる試合としては締めるのは球児投手しかいないのだが、これも動きまくっているので投げづらそう。レフトの藤川俊(初ヒットおめでとう!!)のレーザービームでだいぶ助かったんじゃないか?という場面もあったが、ピンチになっても三振獲りゃいいんでしょ?と言わんばかりの内容でゲームセット。

 守備的には今日も広大選手がクッションボールの処理を誤るなど、スタンドの野次を浴びまくっていたが(ちなみにこのとき広大選手がフェンスを見つめていたので「フェンスのせいちゃうぞ!!」という野次あり)、ブラゼル選手のワンバウンド捕球とあわせ、何とかしないとな。

 俺も長年、静岡から甲子園に通っていて初めて読売戦の3タテを見た。観れるものと思ってなかったし、前年のチャンピオンチームで今年も首位に立っていた読売相手に3タテなんだから凄いことなのである。

 ということで、翌日は渋滞の中、車で静岡に帰るのだ。


人気ブログランキングへ
| タテジマに想いを | 23:00 | comments(2) | - |
たけさん、
現地で3タテに立ち会えるとは、よかったですね^^。
とてもうらやましいです。
私もテレビの前で興奮していました。
それにしても、能見投手の骨折は痛いですね。
とても高い代償を払うはめになってしまいました。。。
ちゃんと守っていてくれればこんなことにはならなかったのに・・・とか、言っても仕方がない愚痴がこぼれてしまいます。

これで誰を上げるのか。
野手で小宮山捕手が上がってきましたが、若手ピッチャーのはお呼びは掛からないのでしょうか。
今日、やっと鶴投手の出番がありましたが、広島戦あたりで先発があるかと期待しています。

| ちょび | 2010/05/04 1:07 AM |

ちょびさん
 コメントありがとうございます。
 おかげさまで私にとっては最高の連休となりました。
 1試合目は負ける気がせず、2試合目は予想以上に大差で勝ち、3試合目は色々な笑いが止まらずに最後までどちらに転ぶかわからない試合を観ました。

 能見投手については私も本当に残念に思ってます。2ヶ月くらいかかるそうですが、やはり軸不在は大きいですね。このチャンスに鶴選手が少しでも穴を埋めてくれると嬉しいですし、そうやって鶴選手には生き残って行ってほしいです。
| たけ | 2010/05/04 7:20 PM |