06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

タテジマに魅せられて

ときめいてシ〜ズン!勝とうぜ!阪神タイガース!!折れない心で前進しよう!お楽しみはこれからじゃ〜!!HANSHIN Tigers,It’s my life!!
<< どう使うんだい? | main | 発進!! >>
ARCHIVES

PROFILE

LINKS

現在の閲覧者数:

ジオターゲティング
OTHERS

あと1つの遠さで攻略
人気ブログランキングへ


 マウンド上に立つチェンが帽子を深く被っている姿が凄く孤独に見えた。それはタイガースに対する自信が自分の中に相当あって、でも今夜はつかまってしまったことに対する戸惑いのように見えた。

 とにかくよく打ち崩したと思う。そしてよく走ったと思う。4回の走塁なんてタイガースらしくないっていうか、いやいや、これをやりたかったんですよ。とでもいうか、そんな走塁だった。

 4回も5回も2アウトからの得点。これもよかった。

 2アウトからっていうことで、投手にしてみればヒットを打たれてもあと1人アウトにすればチェンジであるという気持ちになるのだろうか?そこを攻めてタイガースは1つのアウトを与えない。チェンにしてみれば今まで簡単に獲れていた1アウトが獲れない。そうなることで焦りや戸惑いが必要以上に自分の中で増大して行ったのではないかと思うのだ。

 5回の攻撃。代打で出てきた関本選手が良かった。今年は出番に恵まれず、実践で打席に立つ回数も少ないのだが(個人的にはもっと使われるべき選手と思うが)、結果を求めれば打ちたくもなる場面。そこでしっかり出塁に意識をおき四球を選んだプレーこそ賞賛されるべき場面に見えた。

 次打者のマートン選手も左中間へ2ベースを放つ。さすが外国人選手で、バットの先っぽくても左中間を破る。そしてまたランナーをためて長打。この繰り返しを2アウトからやるのだ。こりゃチェンも思わず「たまりまチェ・・・」・・・・・たまらなかっただろう。

 こうなるとタイガースは中継ぎ展示会を開始。獲ったあとに獲り返されるのは嫌なものなのでここは現在勢いのある西村投手をマウンドへ。ここで反撃の芽を摘むには三者凡退が求められるがここをキッチリ抑えて試合の流れをがっちり固める。他の投手もランナーは出しても帰さない内容でしめる。スタンリッジ投手も日本のマウンドの経験があるからか安定して見えたし。

 難敵攻略でフォッサム投手に初勝利をプレゼント。モーション的に走られちゃうのは計算に入れておかなきゃならんけど相手が打ちづらそうだからもう少し様子を見るってことになるんだろう。

 完勝ってやつで3連戦1勝目。ここでチェンを攻略できたのは大きい試合だった。



人気ブログランキングへ
| タテジマに想いを | 23:17 | comments(0) | - |