09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

タテジマに魅せられて

ときめいてシ〜ズン!勝とうぜ!阪神タイガース!!折れない心で前進しよう!お楽しみはこれからじゃ〜!!HANSHIN Tigers,It’s my life!!
<< えぇ感じならえぇやんけ | main | 開幕イブ >>
ARCHIVES

PROFILE

LINKS

現在の閲覧者数:

ジオターゲティング
OTHERS

ピンチだなぁ
人気ブログランキングへ


 職場の人事異動の結果、俺には何の変化も無いため平年並みに観戦できることに。問題は1週間ほど出張が入りそうなので、その時期を何とかシーズンオフにずらし込むこと。または出張先が神奈川県なので横浜スタジアムの試合がある日に合わせることくらいしかない。

 新しい上司が来るのだが、ま、なんとか休んで観戦してやるさ!!

 タイガースに眼を転じると岩田投手が肘の手術で今季前半戦絶望。長引けば今シーズン終盤に復帰できるかどうか?ということらしい。

 安易に若い選手にチャンス!!などと言いたくない。オープン戦を通じて結果を出せた投手が少ない中にあってチャンスを与えるだけの結果を出した投手がどれだけいたか?ということである。

 もちろん、今後の期待も込めて投げさせてほしい投手はいる。でもやはり勝負の世界であり、そのチャンスを掴ませる舞台に立たせるための決断を首脳陣にさせる投手がどれだけいるのか?ということである。

 福原投手、金村暁投手というベテラン、杉山直久投手という中堅が揃ってオープン戦で結果を出せなかった。キャンプイン前の皮算用では6人のローテーション投手のうち5人までは決まっていて6人目を何人もの投手で争うことになっていた。

 それが獲らぬ狸の・・・・・という状態になりつつあるのだ。これはピンチである。

 幸いなことに、今年は日本球界癸韻箸盡世┐詈畆蠅加入した。ピッチングが投手と捕手の共同作業であるなら投手不足は捕手が補える部分がある。

 「10」の力がある投手に「10」の力を出し切らせる。「7」の力しかない投手に「10」の力を引き出させる。「7」の力の投手を「10」の力がある投手のように相手に感じさせる。これらは捕手の力量に拠るところが大きい。これを城島選手がやってくれることを期待する。

 ピンチであることから眼を背ける必要はない。でもピンチである状況にあって指をくわえているだけである必要もない。何が出来るか?誰がやるか?こんなところにチーム力を測る物差しが落ちているものである。


人気ブログランキングへ
| タテジマに想いを | 21:19 | comments(0) | - |