10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

タテジマに魅せられて

ときめいてシ〜ズン!勝とうぜ!阪神タイガース!!折れない心で前進しよう!お楽しみはこれからじゃ〜!!HANSHIN Tigers,It’s my life!!
<< 希望的観測 | main | 立場が作ったのか >>
ARCHIVES

PROFILE

LINKS

現在の閲覧者数:

ジオターゲティング
OTHERS

打たれて凄さが伝わる凄さ
人気ブログランキングへ


 能見投手がフリー打撃に登板して打たれても凄いという扱いになっている。

 ってことはこれ、エース待遇じゃないですか。昨年の今頃からは考えられない扱いですわ。

 1年の活躍でここまで扱いが変わった選手も珍しいっていうか、そんな気がする。

 タイガースの自由枠(希望枠含む)の左腕はなかなか位置づけが落ち着かなく、江草投手が中継ぎで存在感を示す以外は岩田投手が期待されながらも怪我で出遅れたりしていたのだが、能見投手の登場でそれも見方が変わった気がする。

 冒頭にも書いたのだが、打たれても凄さが伝わる。これは凄い評価ではないだろうか?昨年だったら打たれてしまった・・・・なんて受け取ってしまうし、打たれることへの恐怖心とか余裕の無さもあったと思う。

 そしてもう1人。岩田投手の離脱に伴い、安芸で小嶋投手が評価を上げているらしい。この人も希望枠だったよな。

 ルーキーイヤーに開幕ローテとして登場。大きな期待で観ていたが継続ができなかった。膝かどっかの怪我もあったし、プロは長いペナントレースを戦う中で数字を積み重ねていく世界。その違いへの戸惑いもあっただろう。

 でも1年目の序盤に活躍したことは事実である。その事実を忘れてしまう前に、小嶋投手が存在を示しているのは嬉しいことだ。

 得がたい左腕がタイガースに入ると思う。その存在が今年も光ってくれるといいなと思う。


人気ブログランキングへ
| タテジマに想いを | 23:54 | comments(0) | - |