12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

タテジマに魅せられて

ときめいてシ〜ズン!勝とうぜ!阪神タイガース!!折れない心で前進しよう!お楽しみはこれからじゃ〜!!HANSHIN Tigers,It’s my life!!
<< 共通 | main | 練習試合をテレビで見ました >>
ARCHIVES

PROFILE

LINKS

現在の閲覧者数:

ジオターゲティング
OTHERS

人気ブログランキングへ


 結局は金本選手が4番を張ることになる。

 年齢的な衰えとか、動体視力という鍛えようが無いのか鍛えることが困難なのか、それに伴い体の反応速度も5年前と比べればそれなりに落ちていると思うのだが、存在感というか“代わりがいない”という事実が2010年のタイガースに存在する。でもこれは実に喜ばしいことだ。

 位置を譲るなんてことがあってはいけないと思う。やはりアニキの居場所は譲ってもらうのではなく奪うべきものだ。なんだかんだ言ってもアニキの牙城を崩すことができないのが事実。それは他の選手が不甲斐ないというよりもアニキが凄いと言った方がこの場合は正しいと思う。

 ここ数年は怪我もあって本来の姿ではなかったと思う。2005年のように、後ろを打つ打者がしっかりしていれば今だって遜色ない数字をカウントできるとも思える。逆に今年のように順調さをアピールしておいて数字を残せない場合の恐怖心たるや相当なものだろうし、金本選手はその恐怖心とも戦っていると思う。その恐怖心に打ち勝つ手段が金本選手にとっては護摩行なんだろう。

 実力以上のものを出すにはどうすればよいのか?それは実に難しい答えである。でも出せる実力の範囲を縦にも横にも広げることをずっとしてきたのがアニキであり、それがアニキの凄さなんだろう。

 そして上げた実力を落とさずに維持し続けることに挑戦するアニキも凄いのだ。

 今年の試合も出場するごとに金本選手は連続フルイニング出場の世界記録を更新し続ける。人生において世界記録達成の瞬間を目の当たりにする機会はそれほど多くない。中には自分の目で見ることができずに人生を終えてしまう人だっている。

 しかしタイガースファンは球場に行けば金本選手が毎試合達成する世界新記録を見ることができる。これは実に幸せなこと。

 実力以上のものに挑戦する。それも40歳を超えているのにだ。この挑戦する姿を見ることができるだけでも銭を払った甲斐がある・・・・・と言われるようなプレーをするために今日もアニキは練習するんだと思っている。

P.S.今日は映画「インビクタス」を観ました。良かったと思います。


人気ブログランキングへ
| タテジマに想いを | 23:55 | comments(0) | - |