09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

タテジマに魅せられて

ときめいてシ〜ズン!勝とうぜ!阪神タイガース!!折れない心で前進しよう!お楽しみはこれからじゃ〜!!HANSHIN Tigers,It’s my life!!
<< 関西弁を覚える | main | 条件付 >>
ARCHIVES

PROFILE

LINKS

現在の閲覧者数:

ジオターゲティング
OTHERS

新球
人気ブログランキングへ


 藤原投手が自主トレで多くの刺激を受けている様子が伺える。もしかしたら紙面的には二神選手よりも目立っているかもしれないね。

 今日のデイリーではツーシームのほかにチェンジアップの習得を目指すようなことが書かれている。

 フォッサム投手の遅いカーブも有効といわれているように、緩急をつけられるボールはタイミングをはずす意味でも現在の野球の中では本当に大きくなっている。

 藤原投手の球種で報じられているものは、現時点でフォーク、スライダーである。これに動く球であるツーシームを加えることとなる。

 これら3球種。確かにストレートよりは少々球速を落とすことが出来る。でもやはりタイミング的に緩急というほどの差をつけることは難しい。

 そこでチェンジアップである。タイガースではかつて井川投手が得意とし、大きな効果を見せた球種である。

 藤原投手の場合、投げてみなけりゃ分からないがタイミングを取り辛い独特のフォームらしい。これだけでも確かにタイミングをはずせるのかもしれないが、なにぶん相手だってプロ。時間をかけて攻略することだって必ずしてくることなのだ。

 それでもそこを何とかするために視覚に錯覚を起こさせるというと大げさだが、感覚をずらすというかそういった球種があれば実に有効だろう。

 抜く球は当然球速が遅くなる。遅くなるってことはそれだけ長く打者にボールを見られてしまう。でも有効である事実がある。

 勇気を持って遅い球を投げることができるよう、完成度とコントロールの制度を磨いてほしい。投げることが出来るだけじゃなくて投げ込むことが出来るようになることが大事なんじゃないかな?


人気ブログランキングへ
| タテジマに想いを | 23:50 | comments(0) | - |