12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

タテジマに魅せられて

ときめいてシ〜ズン!勝とうぜ!阪神タイガース!!折れない心で前進しよう!お楽しみはこれからじゃ〜!!HANSHIN Tigers,It’s my life!!
<< これはいいよね | main | あえて応援せずに >>
ARCHIVES

PROFILE

LINKS

現在の閲覧者数:

ジオターゲティング
OTHERS

切磋琢磨っていうか嫌がらせのようにも思えたこともある
人気ブログランキングへ


 デイリーによると桧山さんが城島選手の加入で競争がチーム内に始まることについて言及?している。

 それはきっと捕手のことで、矢野さんがいて狩野選手がいるという中にあって出場機会を求めていた城島選手を獲ったことがどういう意味かを教えてくれているようにも思えた。

 そう、桧山さんはいつだってライトのポジションは競争だった。

 2003年以降で考えても濱中選手の起用によりファーストをやったこともあるし、それ以降もスペンサーとかキンケードとかを送り込まれ、ま、競争にもならなかった選手もいたが結果的にライトのポジションを張ってきた。

 その経験があるからこそ、毎年のように嫌がらせのように選手を・・・・・それもライトの選手を獲ってこられた桧山さんからすれば「ポジションかぶる選手が来たくらいで騒ぎなさんな。」というくらいなんだろう。

 こいうった潔さは見ていて本当に気持ちいい。色々と思うことや思ったこともあるだろうけど、それもチームとしての考えに立てば1人の選手の加入がどんな影響をチームにもたらすか。1人の選手の加入で「どうせ俺なんて・・・」とか「出番が無くなる。」といったネガティヴなところからスタートするのと、自分の出来ることをやって備えておこう。という人事を尽くして天命を待つ人とでは同じ結果が出ても納得度が全然違うと思うのだ。

 チーム内で他の選手が言って言えないことも無いんだろうけど、桧山さんのが言うことで説得力が倍増したと思う。

 こういうのをベテランって言うんだろうな。

 意外なところで桧山さんの存在感を感じた嬉しい記事だった。



人気ブログランキングへ
| タテジマに想いを | 22:54 | comments(0) | - |